【レンジorトースターで加熱して食べる】ローソンのアップルタルト

写真拡大

どんどん新商品が発売され、私たちを楽しませてくれているコンビニスイーツ。秋からいまの時期にかけては、安納芋を使用したほっこり系スイーツが目立っていた印象がありますが、最近ローソンから発売されたのは、アップルタルト。ちょっと面白い工夫があったのでご紹介します。

冷たいままでも温めてもOKのアップルタルト

今月12月5日にローソンが販売を開始したのが、「アップルタルト」。同社のオリジナルデザートブランドである「ウチカフェシリーズ」の新商品です。

ダイスカットされたりんごが、タルトの表面にトッピングされているので、りんごの食感を楽しめます。さらに、アップルブランデーやシナモンも使用されているので、風味豊かな仕上がりに。

…と、ここまでは正直よくあるコンビニスイーツな感じ。同商品の特徴はなんといっても、温めて食べられること。商品パッケージには加熱方法が記載されており、電子レンジの場合は、1500Wで10秒、500Wで20秒。トースターの場合は、1200Wで3分とのこと。

昨今、コンビニスイーツや菓子パンを電子レンジやトースターで加熱して食べる方法が、ネット上でも話題になりやすいですよね。そんな食べ方を意識して商品化されたのかもしれません。

レンジはふわふわ、トースターはサクサク食感

そこで筆者も、前述の加熱時間を目安に加熱して、実際に食べてみることにしました。電子レンジでもトースターでも、味自体に大きな差は感じられませんが、タルト生地に関しては、電子レンジは“ふわふわ”、トースターは“サクサク”の異なる食感に。また、温めることで、甘くておいしそうな香りが立ち、スイーツ感が大幅にアップ! 筆者個人的には、トースターのサクサク食感のほうが、よりおいしく感じられたのでオススメです。

1個あたり税込み200円で179kcal。手軽に購入できるので、ちょっとしたご褒美にもよさそう。気になる方はチェックしてみてくださいね。

(文・山手チカコ/考務店)