ジュリアン デイヴィッド初のフレグランスキャンドル、日本から着想を得たヒノキや柚子の香り

写真拡大

ジュリアン デイヴィッド(Julien David)からブランド初のフレグランスキャンドルが登場。

常に日本やその文化からインスピレーションを得て、自国であるフランスのセンスと融合しクリエイションへ繋げるジュリアン デイヴィッド。

今回展開される2種のキャンドルも日本から着想を得ており、「ジョウモン フォレスト(Jōmon Forest)」はヒノキなど木製の香り、そして「ヘイアン ガーデン(Heian Garden)」は柚子やシトラス、ライムといった柑橘類の香りとなっている。

キャンドルは、透明感のあるオレンジがかったグラスにロゴが描かれたシンプルなデザインで、どんな空間にも馴染みそうだ。お部屋にぜひ取り入れてみてはいかがだろう。

【詳細】
フレグランスキャンドル
店頭で発売中
価格:各7,400円+税
香り:ジョウモン フォレスト(ヒノキ、木製の香り)、ヘイアン ガーデン(ゆず、シトラス、ライムの香り)
取り扱い:ジュリアン デイヴィッド 神宮前ショップ


[写真付きで読む]ジュリアン デイヴィッド初のフレグランスキャンドル、日本から着想を得たヒノキや柚子の香り

外部サイト

  • ジュリアン デイヴィッド2017年秋冬コレクション - モダンミリタリーを纏って現代に立ち向かう
  • アンディ・ウォーホルのクリスマスプレート&キャンドル - リースやオーナメント、天使を描いて
  • 「代官山ノエル2017」約8,000本でクリスマスを彩る国内最大級のキャンドルイベント