ウェイ・ダーション監督のインタビューや生歌撮影映像も 『52Hzのラヴソング』特別映像公開

写真拡大

 現在公開中の映画『52Hzのラヴソング』の特別が公開された。

動画はこちら

 本作は、『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督が手がけたミュージカル・ラブストーリー。バレンタインデーの台湾・台北を舞台に、世代も性別も超えた様々な愛のカタチを、全17曲の完全オリジナル楽曲とともに描き出す。

 このたび公開されたのは、ウェイ・ダーション監督のインタビュー映像、撮影映像と本編映像が収録された特別映像。口パクで撮影後、後から歌を録音して合成していく方法が主流のミュージカル映画において、本作では『レ・ミゼラブル』と同様、演技をしながら生歌を収録するという方法が選択された。ウェイ・ダーション監督は、現場収録の苦労や、それによって生まれる効果などを語っている。

 また、台湾全土に20店舗、さらにアジア・北米などにも展開する台湾発ティースタンド「THE ALLEY LUJIAOXIANG(ジ・アレイ ルージャオシャン)」渋谷店とのタイアップも決定。『52Hzのラヴソング』映画チケットの半券を来店時に提示すると、会計から100円 割引になる。さらに、ハッシュタグ「#52HzTHEALLEY」を付けてインスタグラムに投稿した人の中から先着100名限定で、映画オリジナルキーホルダーが店頭でプレゼントされる。(リアルサウンド編集部)