米高校バスケでの“リング折りダンク”が話題に【写真:Getty Images】

写真拡大

ピカリントン高校のネルソンが規格外のパワーでリングを「バキッ!!」と破壊

 米高校バスケットボールで衝撃のプレーが生まれた。規格外のパワフルなダンクでリングがポッキリと折れてしまう事態に、米メディアは「彼はリングを破壊し、悠然と立ち去った」と動画付きで紹介し、「破壊神」「壮大なポテンシャルを秘めた大物」などと話題となっている。

 驚愕のダンクを叩き込んだのは、ピカリントン高中央校のエイドリアン・ネルソンだ。

 19日に行われたグローブポート・マディソン高戦、ピカリントン高はネルソンが相手のパスをカットし、素早い切り替えから速攻に出た。先頭を切ったネルソンはボールを受けると、ドリブルからゴール下で力強く踏み込み、豪快にジャンプ。両手でボールを持って豪快にダンクを叩き込んだが、その瞬間、「バキッ!!」と音を立ててリングはポッキリと折れてしまった。

 NBAなどでは強烈なダンクにボードのガラスが割れた前例はあるが、まだ体が完成し切っていない高校生でリングをへし折ってしまうのは異例。騒然となる会場の余韻を楽しむかのように、ネルソンは折れたリングを見上げ、悠然と自陣へと戻っていった。ピカリントン高の公式ツイッターによると、ゴールが壊れてしまった影響で試合は中断、後日スケジュールを組み直すことになったという。

米誌も驚き「待て、なぜ試合がキャンセルに?」

 衝撃の一撃を米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」公式ツイッターは、「彼はリングを破壊し、悠然と立ち去った」と動画付きで紹介。ファンから「破壊神」「壮大なポテンシャルを秘めた大物」「ゲームオーバー。自動的勝利だ」「相手を戦意喪失させる威嚇にはもってこいのプレーだ」と驚きの声が挙がった。米国で最も権威のあるスポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」公式ツイッターも、「待て、なぜ彼らは試合がキャンセルしたんだ? オォ、エイドリアン・ネルソンがリムを破壊したんだ」と報じた。

 身長201センチ、84キロのネルソンは、機動力を生かしたプレーで攻撃と守備をハイレベルでこなすオールラウンダー。オハイオ州でも注目されていた逸材で、来年デトロイト大に進学予定となっている。近い将来、NBAの舞台でその豪快なダンクが見られるかもしれない。(THE ANSWER編集部)