モバイクイメージ

LINE株式会社とモバイク・ジャパン株式会社は、日本国内におけるシェアバイク事業展開に向け、資本業務提携を締結したと発表した。

モバイクは2016年4月に上海で自転車シェアサービス「Mobike」をスタートさせた、中国におけるシェアバイクサービスの先駆け。現在は世界200都市でサービス展開しており、2017年6月にはモバイク・ジャパンを設立して8月から札幌でサービスを開始している。

今回の資本業務提携により、モバイクは、サービス運営、自転車提供・メンテナンス、アプリおよび業務システム開発を担当。LINEは、国内月間利用者数7100万人の豊富なユーザーベースの活用のほか、官公庁・自治体・企業などとのネットワークを活かしたインフラベースの整備サポートなどを行う。

今後は、2018年上半期から、「LINE」アプリ内で「Mobike」の利用を可能にする予定としている。

発表資料
URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2017/1995
2017/12/20