昔ながらのファスナーの手作り体験(800円)も

写真拡大 (全2枚)

 黒部市は黒部峡谷や宇奈月温泉、富山湾などの豊かな自然に囲まれている。2015年に北陸新幹線が開通し、今なお賑わいを見せる同市で、人気の高い“癒しの場”を訪ねました。

 北陸新幹線・黒部宇奈月温泉駅からバスで約20分。

 バスを降りると目の前に『YKKセンターパーク』が広がっている。その面積は約7万6600平米と広大だ。

 YKKグループは、ファスナーや窓サッシで世界71か国と地域に拠点を置く、日本を代表するグローバル企業。本社は東京にあるのに“なぜ、黒部に!?”と、素朴な疑問が…。

「創業者が隣の富山県魚津出身で、黒部市から誘致を受け、戦後間もなくして工場を造りました。今も研究開発はここ黒部で行っています」(YKKセンターパーク水島悟司さん・以下同)

 パーク内はビジネスゾーンと産業観光ゾーン(一般開放)に分かれており、丸屋根展示館の1号館、2号館でモノづくりの工程や歴史などをわかりやすく展示している。なかでも、ファスナーコーナーは、実際に製品が使用された宇宙服も展示され、観光客の目を引いていた。

「水や空気を通さない特殊なファスナーは、宇宙服だけではなく、潜水服などにも使われています」

 また、窓コーナーには世界で作られているYKKAPの窓を展示。窓のデザインや大きさの違いなど、それぞれの国の特性を知ることができる。

 県内でもいち早く産業観光に取り組んできた同社は、この施設を2006年に黒部事業所内に設置しているが、単にモノづくりの様子を見学できるだけではない。

「創業100年を迎える2034年に工場の敷地が緑豊かな森になるよう植樹を進めています。工場で使われた水は再利用するなど、パーク内では環境への取り組みなども紹介しています」

 緑のエリアにある「ふるさとの森」には、桜など20種類2万本の木が植えられ、散策するのに最適だ。ふるさとの森の横の2号館にあるカフェ前の芝生広場では、散歩を楽しむ近所の人の姿もあった。まさに、市民の憩いの場となっている。

※女性セブン2018年1月1日号