肉食系フードライターが選ぶ、2017年の感動レストランはここ!

写真拡大 (全6枚)

食べログマガジンのグルメな執筆陣が教える「2017年の感動レストラン」を短期集中連載でお届け。初回はグルメ雑誌やテレビ番組にも登場するあの人!

【2017年の感動レストラン】


今年も残すところ、あとわずか。2017年も多くの新店が誕生し、食のトレンド情報が飛び交いました。そこで、最新グルメ情報を熟知した食べログマガジンの執筆陣に、今年一番印象に残ったレストランについて質問!

今回は、肉食系フードライターの小寺慶子さんにお答えいただきました。

◇プロフィール

小寺 慶子(こでら けいこ)

肉を糧に生きる肉食ライターとして、さまざまなレストラン誌、カルチャー誌などで執筆。増加し続ける体重に歯止めをかけるべく、昨年から某トレーニングジムで筋活&食事制限を開始。-18kgを達成するも、現在順調にリバウンド中。

Q 2017年で一番印象に残ったレストランは?


出典:お店から

A 南麻布にある「茶禅華」です。


いま勢いのある東京の中華シーンのなかでも、ひときわ輝く存在。「麻布長江」で中華を、「龍吟」で日本料理を体得した川田シェフの料理には、僭越ながら未知なる可能性があり、食べ手に発見と刺激をもたらしてくれます。

出典:お店から

緻密に計算されたお茶とお酒のミックスペアリングも素晴らしく、コースの最後に登場する担担麺まで楽しく充足感に満ちた時間を過ごすことができます。

Q 印象に残った料理は?


出典:お店から/左:金目鯛の炭火焼き、右:小鳩の御料理二種

A 金目鯛の焼物と、二種の小鳩の料理です。


龍吟時代に培った炭火の技術が発揮された料理は、店の和魂漢才というテーマを見事に体現しています。

Q 2018年に行きたいレストランは?


出典:ちいたろこさん

A 喜多見の「ビートイート」です。


狩猟免許を持つ女性店主の店で、ランチはカレー店として営業しているようですが、予約のみの夜のコースにはジビエを使った料理が登場。熊のビリヤニが気になっています!!

Q 2018年の気になるフードトレンドは?


A “100%オーガニック”です。


カリフォルニアのオーガニックレストラン「シェパニーズ」のシェフと、元「ビアード」(目黒)の原川慎一郎さんが立ち上げた「ブラインドドンキー」のように、“日本を100%オーガニックにする”という動きが活発化する気がします。

上記の「ビートイート」は未訪ですが、自分で狩猟を行い、調理するという意味では“100%オーガニック”の考えに近い気がします。

 

次回は、あの食通の感動レストランが明らかに。お楽しみに!