呼吸器を外され患者が死亡した事件 服役した元看護助手の再審認める決定

ざっくり言うと

  • 滋賀県で2003年、看護助手だった女が患者の呼吸器を外して殺害した事件
  • 大阪高裁は20日、服役した元看護助手の再審開始を認める決定をした
  • 滋賀県の大津地裁では、2015年9月に再審を認めない決定をしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング