記者会見を行う安代表=20日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の第2野党「国民の党」の安哲秀(アン・チョルス)代表は20日、賛否が分かれている野党第3党の保守系「正しい政党」との合併問題に関し、全党員による投票を提案した。

 安代表はこの日午前、国家で緊急記者会見を開き「決然とした覚悟で、国民の党代表の職位と権限の全てを賭けて正しい政党との統合に対する全党員の意見を聞きたい」と明らかにした。

 安代表が合併に関して自らの進退を絡め、全党員の投票という背水の陣で臨むことで、政界は野党を中心とした再編の波に飲み込まれる可能性が高くなった。

 安代表は「統合に対する賛否で代表に対する再信任を問う」とし、「党員の賛成が確認されれば、速やかに統合手続きを踏む」と述べる一方、「万一党員の意向が反対だと確認されれば身を引くことも辞さない」と強調した。