KinKi Kidsが出演する映像配信サービス「GYAO!」の新TV-CMが22日から全国でオンエアされる。新TV-CMは『動画占い』篇(15秒、22日開始)と、『モチつき』篇(15秒、28日開始)の2種類。堂本光一が、堂本剛に抱きつくシーンや二升五合ものお餅を餅つきの撮影で作り上げた、餅つきシーンなどが見どころ。剛に抱きつく演出は、光一が「めちゃくちゃなことやってもいいですか?」と監督に自ら提案したという。

 「GYAO!」のブランドカラーであるピンク色に髪を染めたKinKi Kidsの二人が、真っ黒な壁に囲まれた部屋の中で「GYAO!」の無料動画を楽しみながら交わす会話が、独特の世界観を醸し出す人気のTV-CMシリーズ。

 年末年始にかけてオンエア開始となる『動画占い』篇、『モチつき』篇では、二人の絶妙な会話劇にもさらに磨きがかかり、撮影現場では、監督の「カット」の声がかかるまで、込み上げてくる笑いを必死にこらえるスタッフが続出。

 そして息のぴったり合ったKinKi Kids の二人の掛け合いに、監督から「テンポが上手になり過ぎています」と逆に注意を受ける場面もあった。

 『動画占い』篇は大好きな動画を「GYAO!」で楽しんでいる光一に対し、剛は大きな水晶玉を覗き込み、光一に関する占いを始める。剛には、光一の“好きなもの”が水晶玉の中に動画で見えている様子。「あなたは、映画が好きですね…」「アニメが好き…」「音楽が好き…」と次々と的中させていく。光一は「当たってる」と感心しながらも、「GYAO!」の動画がおもしろ過ぎてスマートフォンから目が離せないものの、「剛が好き…」の言葉に思わずドキリ。不意なお告げに心の中を見透かされてしまったかのごとく動揺する光一。感極まり、思わず剛に抱きついてしまう。

 『モチつき』篇では、餅つきに奮闘中の二人。杵を振るう光一の「映画は」「アニメも」「音楽も」「ドラマも」の掛け声に、合いの手役の剛さんが「GYAO!」と応えます。しかし、杵を振っていないのに剛さんの「GYAO!」の声は続く。剛は餅つきの最中も、スマートフォンを使い、大好きな動画を「GYAO!」で楽しんでいた。苦々しくも餅をつき続ける光一。「GYAO!」で楽しむ動画のおもしろさが分かるだけに、剛の振る舞いを怒るに怒れない光一…。

 撮影現場では、ストーリーに沿ったセリフが用意されていているものの、言い回しやタイミングはKinKi Kidsの二人に委ねられている部分が多く、毎回、監督が取捨選択に困るくらい秀逸なシーンが生まれる。

 新TV-CM『動画占い』篇で採用されたのは、光一が「(ダメもとで)めちゃくちゃなことやってもいいですか?」と監督の了解を得てチャレンジした、最後に剛に抱きつくというシーン。「剛が好き…」というセリフに応える光一の表現だったが、予告なく抱きつかれた剛も、「あぁ〜」と応じる神対応で、監督の「はい、カット」の声とともに撮影スタッフから拍手が沸き起こる好演となった。

 『モチつき』篇の、臼から立ち上がる湯気でも分かる通り、光一がついているのは本物の蒸し上げられたもち米。リハーサル、本番と餅つきを繰り返しているうちに、本当に合わせて二升五合ものお餅が出来上がってしまったという。スタジオ内には粒あん、こしあん、きな粉が用意されていて、杵つき出来たてアツアツのお餅を撮影スタッフで食したという。