井上真央主演『明日の約束』最終話が“絶賛の嵐”「生きて逃げて」メッセージに感動

写真拡大

井上真央が主演を務めるドラマ『明日の約束』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜21:00〜)が、12月19日の放送で最終回を迎えた。放送後、インターネット上には絶賛するコメントが多数書き込まれた。

井上が演じた藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。「親でもない、教師でもない、最後に味方になってくれる大人」として、学校や家庭に悩む生徒の心のケアをしている。背後に、日向も“毒親”といえる過干渉な母親との関係に悩んで育ってきた経験があったからだ。そんな中、日向は1年B組の生徒である吉岡圭吾(遠藤健慎)から告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。

誰が彼を殺したのか? 彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。すると、彼が抱えていた“闇”が次々と明らかに。学校での陰湿なイジメ疑惑、“毒親”による過干渉、不穏な交友関係など……。原因究明に動く日向にも、圭吾の母親・真紀子(仲間由紀恵)からの言いがかり、自身の“毒親”からの抑圧、恋人とのトラブルなどが降りかかり、次第に追い込まれていく。

マスコミによる報道などで、さまざまな憶測が飛び交った圭吾の自殺。最終話でも、結局、真相は誰にも分からず、クラスメイトや教師、残された家族は日常を取り戻せずにいた。圭吾を苦しみから救えなかったことを悔やんでいた日向だったが、前に進むためにも、自分にケジメをつけようと決める。

そして、圭吾がクラスで孤立する原因を作った霧島(及川光博)の行為を学校に報告し、さらにこれまで学校や日向を敵視し続けてきた真紀子にもすべてを話そうと自宅を訪ねる。するとそこには、亡き息子の気持ちが分からないと絶望する真紀子の姿があった。圭吾と真紀子に、自分と母・尚子(手塚理美)の関係を重ね合わせた日向は、自分も幼いころから親の愛情に苦しんできたと告白。そして、「高校生の時、母にいなくなってほしいと思った」と、尚子との関係を話し始める。

さらに日向は、学校で「私がこの出来事の中で、いま一番許せないと思っている人がいます」と切り出し、生徒や教師たちの間にざわめきが広がる。その相手は、自ら死を選んだ圭吾。「なぜなら、生きてほしかった。生きてもっと助けを求めてほしかった」と理由を語り始めた日向は「自殺という行為を、辛い現実から逃げる手段だと思ってほしくない。吉岡くんには、生きて逃げる勇気を持ってほしかった。生きることが苦しくなるほどの出来事があったら、生きて逃げることを第一に考えてください。生きることから逃げさえしなければ、生きていれば人はやり直せるから。例え幸せが約束された明日じゃなかったとしても、明日も生きているということが、何より大切なんだと信じてください」と全生徒、教師に対しメッセージを送った。

放送後、SNSには「日向先生の演説、泣けた」「日向の演説は身に染みたな」「すごく良いドラマだった」「素晴らしい内容だった」と、感動した視聴者からの感想が多数掲載。日向のメッセージに胸を打たれた人も多く、「俺にとってタイムリーで考えされられるドラマだった。俺も明日に向かって頑張ろう」「生きることから逃げさえしなければ、いつかきっと道は開けるって思えた」と勇気づけられたというコメントも見受けられた。