画像提供:マイナビニュース

写真拡大

パーソルキャリアは12月19日、「女子高生の年末年始に関する調査」の結果を発表した。調査は11月25日〜12月4日、同社運営のWEBマガジン「EMMARY」およびJKイベントを主催する「チームシンデレラ総研」を利用する女子高生532名を対象に、インターネットで行われた。

毎年のように生まれる流行語やブーム。その多くを生み出しているのは、いつの時代も女子高生だ。そんな女子高生が、決して多くはないお小遣いをどんなことに使うのかは、多くの企業も気になるところだろう。そこで本稿では、女子高生のクリスマスやお正月の過ごし方に注目。早速、調査結果を見てみよう。

○女子高生のクリスマス

今年のクリスマスイブをどう過ごすか聞いたところ、彼氏がいる・いないに関係なく「友達と遊ぶ」(38.5%)や「家族と家で過ごす」(22.0%)という人が多かった。また、3位は「バイト」(11.5%)で、「彼氏とデート」という女子高生は7.9%にとどまった。

続いて、「彼氏にプレゼントをあげるとしたら、かけてもいい金額は?」と聞くと、「6,001円〜1万円」(24.8%)、「4,001円〜6,000円」(23.9%)、「2,001円〜4,000円」(23.5%)が上位となり、1万円以下という回答が8割超を占めた。

また、彼氏にあげたいプレゼントとしては、「財布」(22.7%)や「服」(21.6%)が多かったほか、3位に「手作りのアルバム」(15.6%)、5位に「手紙」(12.8%)がと、お金をかけなくても喜んでもらえるものがランクインした。

○女子高生のお正月

次に、お正月の過ごし方について調査を実施した。その結果、女子高生のお正月は、「初詣に行く」(61.5%)や「親族が集合する」(53.8%)がそれぞれ5割を超えて上位に。次いで「福袋を買う」(40.6%)、「初売りに行く」(25.6%)と続き、お正月ならではのショッピングに出かける女子高生も多いことがわかった。

2016年にもらったお年玉の金額を聞くと、「15,001円〜30,000円」(37.2%)が最も多く、次いで「30,001円〜50,000円」(27.1%)「10,000円〜15,000円」(17.5%)と続いた。