画像提供:マイナビニュース

写真拡大

平成28年1月から導入されたマイナンバー制度。導入されてからもうすぐ丸2年が経とうとしています。

マイナンバーとは、国民一人一人が持つ12桁の番号のことで、社会保障・税・災害対策の3分野での効率化が図られ、平成27年10月以降、通知カードですべての国民に12桁の番号が通知されています。そして、希望者は通知カードに同封された交付申請書などで申請をすることで、マイナンバーカードを受け取ることができます。

今回は、そのマイナンバーカードについて解説をしていきます。

○マイナンバーカードとは?

みなさんも既にご存知だとは思いますが、マイナンバーカードは、個人番号を証明する書類としてだけではなく、本人確認の際の公的な身分証明書として利用でき、様々な行政サービスを受けることができるようになるICカードのことです。

カードの表面には、氏名・住所・生年月日・性別・顔写真・電子証明書の有効期限の記載欄・セキュリティコード・サインパネル領域(券面の情報に修正が生じた場合、その新しい情報を記載(引っ越した際の新住所など))・臓器提供意思表示欄が記載され、個人番号は裏面に記載されます。

既に一人一人に送られてきている通知カードとは異なり、顔写真を撮り、郵送やスマートフォン・パソコン等から申請をしなければもらうことはできません。また、受け取りは原則として本人のみが受け取れます。

○マイナンバーカードのメリットとは?

マイナンバーカードのメリットは、まず1つ目が1枚で番号証明と身分証明の2つを済ませることができる点が挙げられます。マイナンバー制度導入後は、税金や社会保障などが関わる場面でマイナンバーの提示が必須となります。その際、通知カードには顔写真がないため、運転免許証やパスポート等他の本人確認書類が必要となりますが、マイナンバーカードを申請して受け取っておけば、1枚で番号確認と本人確認が可能となり、本人確認書類を用意する手間を省くことができます。

2つ目は通常の身分証明書として使用することができるという点も挙げられます。運転免許証を持っていない人にとっては、マイナンバーカードが身分証明書になるので便利です。更にマイナンバーカードの活用範囲は広がっており、電子証明書としての役割もあるので、行政手続きをオンラインで簡単に利用することができます。

例えば、市区町村によってはコンビニで住民票の写しを受け取ったり、確定申告のe-Taxの電子申請にも利用したりと、効率的に行政手続きができるようになります。今後、コンビニ交付サービスを導入する市区町村も増えていくことでしょう。

○マイナンバーカードの普及率は?

では、どのくらいの人がマイナンバーカードを作成しているのでしょうか。総務省によると2017年8月31日現在でのマイナンバーカードの交付枚数は、およそ1,230万枚となっています。日本の人口を約1億2,800万人とすると、人口に対する交付枚数率は9.6%となります。

全国の市区町村で見ると宮崎県都城市が21.7%と普及率が高く、都道府県で見ても宮崎県が一番高いようです(平成29年8月31日現在)。このマイナンバーカードの交付枚数の公表結果は総務省が3カ月ごとに発表しているので、自分の住んでいる市区町村の普及率をチェックしてみるのもいいかもしれません。

これからも社会保障分野では、更にマイナンバーを利用する機会が増えてくると思われます。これからの手間を減らすため、マイナンバーカードを作っておいた方がいいでしょう。

○マイナンバー制度における「情報連携」及び「マイナポータル」の本格運用等開始

また、2017年11月13日より、マイナンバーを利用して行政機関の間で情報をやりとりする「情報連携」「マイナポータル」が本格運用を開始しました。

税や社会保障に関する一部の手続きで提出する必要のあった書類を、異なる行政機関の間でもマイナンバーで連携することによって、情報を共有できるというものです。これは主に、市区町村役場などで運用が開始されています。

例えば、子供の児童手当を申請する際には、課税証明書や住民票を提出する必要がありましたが、この提出を省くことができるなど、申請者が行政窓口に提出する手間を省くことができるようになります。ただし、実際の運用状況は市区町村ごとに異なりますので、自分の住んでいる市区町村役場に確認してみましょう。

そして、それに伴って「マイナポータル」も開設されました。マイナポータルでは、その「情報連携」でやりとりされた情報を確認するとともに、他の様々なサービスも利用することができます。利用するには、マイナンバーカードとパソコンとICカードリーダー、またはスマートフォンが必要となります。通知カードでは利用できないことに注意してください。

このように今後マイナンバーの活用状況はますます広がっていくことが予想されます。最初の手続き等は面倒ですが、これからマイナンバーカードの重要性は増してくるので、早めに発行しておいた方がよさそうです。

○回遊舎

"金融"を専門とする編集・制作プロダクション。お金に関する記事を企画・取材から執筆、制作まで一手に引き受ける。マネー誌以外にも、育児雑誌や女性誌健康関連記事などのライフスタイル分野も幅広く手掛ける。近著に「貯められない人のための手取り『10分の1』貯金術」「J-REIT金メダル投資術」、「NISA120%活用術」、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作った世界で一番わかりやすいニッポンの論点10」、「子育てで破産しないためのお金の本」など。