ミケランジェロ『アダムの創造』が“デップー仕様”に 『デッドプール2』特別画像

写真拡大

 2018年6月に公開される『デッドプール2(仮題)』の特別画像が公開された。

参考:『デッドプール』に“破門”危機? 米ディズニー買収によるFOX作品への影響

 本作は、1991年にコミックに初登場して以来、マーベル史上最も過激なヒーローとして、絶大な人気を誇る“デッドプール”の活躍を描いた『デッドプール』の続編。

 このほど公開されたのは、ヨーロッパ美術史のルネサンス期の巨匠ミケランジェロが、システィーナ礼拝堂の天井に描いた『アダムの創造』のパロディ画像。アダムの創造といえば、旧約聖書の『創世記』に記された神が、最初の人類たるアダムに生命を吹き込む場面を表現したとされているが、今回の画像では、ジョシュ・ブローリン演じるケーブルの銃口に、デッドプールが左腕の指を突っ込む様子が描かれている。

 マーベル・コミックスの巨匠スタン・リーが「デッドプールのようなキャラクターは他にいないし、ライアン・レイノルズはこの役のために生まれてきたみたいだ」と絶賛する、レイノルズ本人がこの画像をSNSに投稿すると、世界中から多くの反応が集まった。さらにレイノルズは、米ディズニーが21世紀フォックスを買収したことが発表されると、シンデレラ城を背景に連行されるデッドプールの画像を沿えて、「どうやら、マッターホーン(ディズニーランドのアトラクション)を吹っ飛ばすことはできないらしい」とツイートし、こちらも大きな反響を呼んだ。(リアルサウンド編集部)