44年間前の手術で体内にガーゼ布を置き忘れ 別の手術で発覚

ざっくり言うと

  • 名古屋大学医学部付属病院は20日、1970年にミスがあったと発表した
  • 不妊症の手術をした女性の体内にガーゼとみられる布を置き忘れたという
  • 44年後の2014年に骨盤内腫瘍の手術をした際、気づいたとのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング