海洋警察の射撃訓練(資料写真、海洋警察提供)=(聯合ニュース)

写真拡大

【木浦聯合ニュース】多数の中国漁船が19日午前に韓国の排他的経済水域(EEZ)で違法操業しようとしたが、韓国海洋警察庁の警備艇からの射撃を受けて引き返していたことが20日、分かった。

 黄海地方海洋警察庁によると、約40隻の中国漁船は19日午前、韓国南西部、全羅南道・可居島沖の韓国のEEZへ侵入した。海洋警察が放送で警告したが、漁船が海洋警察の警備艇に接近したため、海洋警察は警告射撃をした。漁船は散り散りになっても、退去に応じなかったという。

 海洋警察は3000トン級や1500トン級などの警備艇4隻を動員し、機関銃などの火器で180発発射した。中国漁船は逃走し、その被害状況は確認されていない。

 海洋警察は、中国漁船が悪天候で取り締まりが難しいタイミングを見計らい違法操業を試みたとみている。

 黄海地方海洋警察庁は21日から3日間、中国漁船による違法操業の特別取り締まりを実施する方針だ。