(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

K-POPガールズクループの代名詞として、日本でも絶大な人気を誇ったKARA。2011年に紅白歌合戦出場、2013年には東京ドーム公演なども成功させた彼女たちだが、その躍進とは対照的に常に解散説が絶えなかった。

2010年冬には所属事務所DSPとメンバーたちの確執説が浮上。待遇を改善することで和解したが、2014年1月に契約満了となると、知英とニコルが脱退を表明。

ホ・ヨンジを加えて2014年7月から“新生KARA”として再スタートを切ったが、それも長続きはしなかった。

2016年1月をもってギュリ、スンヨン、ハラがDSPとの専属契約が終了し、事実上の解散・消滅となってしまったのだ。

主演映画がヒットせず朝ドラ女優で再起を目指す元リーダー

そんな元KARAのメンバーたちは今、どこで何をしているのだろうか。ナンバーそれぞれの近況を調査してみた。
(参考記事:【追跡画像付き】日本を熱狂させたKARA。元メンバーたちは今、一体どこで何をしているか)

KARAのリーダーとして最後までメンバーたちを引っ張ったギュリ。

だが、2016年1月にDSPとの専属契約の延長は行わず、多数の役者たちが所属するダイン(DAIN)エンターテインメントと契約を交わしており、ギュリは同社の看板スターのひとりとなっている。

もっとも、KARA離脱後は伸び悩んでいる印象だ。

『ふたつの恋愛』、『どう別れるか』といった主演映画はいずれもヒットせず。起死回生を狙って5月からは平日に毎日放送されるドラマ『むくげの花が咲きました』で主演を務めた。

これが最高視聴率23.4%のスマッシュヒット。今年11月には初の写真集を韓国で発表した。

ヨン様の芸能事務所へ。そして子会社へと移籍!!

最近は“成熟美”を備えた女優と評価されるようにもなった。捲土重来の予感だ。

メンバー屈指の“クールビューティー”として人気を集めていたク・ハラ。DSPとの専属契約を更新しなかった彼女だが、新たな所属先として選んだのはキーイースト社だった。

キーイースト社と言えば、ぺ・ヨンジュンが大株主で、キム・スヒョンら人気俳優らを多く抱える大手事務所。KARA時代からドラマ出演などにも積極的だったが、今年4月にはウェブドラマ『足跡の音』でヒロインを務めた。

キーイースト社が7月にマネージメント専門の子会社コンテンツ・ワイを設立すると、ク・ハラもそのコンテンツ・ワイに移籍。7月にはソロとしては初となるファースト・ミニアルバムも発表している。

女優活動よりも、アイドル最高の不動産財テク王に!!

12月には日本で初の単独ファンミーティングも開催している。

DSPとの専属契約終了後は、実力派俳優が多いことで知られるジェイワイド・カンパニー所属のタレントとなり、ドラマや映画に出演しているハン・スンヨン。

KARA離脱後に出演したドラマ『青春時代』は、今年8月のシーズン2が放映され、今年12月には日本で単独フンミーティングも行っている。

ただ、最近は女優よりも “アイドル最強の不不動産スター”として有名だ。

スンヨンは2014年にソウル屈指のセレブタウンである清譚洞(チョンダムドン)に、地下1階・地上4階のビルを45億5000万ウォン(約4億5000万円)で購入しているそうだが、その不動産価値が凄い。

期待の新メンバーだったヨンジはどうしている!?

テレビ番組内で不動産専門家が査定したところ、時価総額67億ウォン(約6億7000万円)の価値がつき、「アイドル最高の不動産財テク王」との称号を得た。芸能界引退でも、心配なし!?

ニコルと知英が脱退後に韓国で行われたオーディション番組『KARA Ploject』に参加して、新メンバーの座を勝ち取ったヨンジ。だが、KARAとして活動した日々は2年足らず。現在もDSPに残って、芸能活動を続けている。

日本ではソロ活動を展開しながら、アイドルとして新たなスタートを切っている。

韓国では“消えスター”になってしまった皮肉

KARA脱退後、日本で精力的な活動を行なってきた知英(ジヨン)。

2014年8月に黒木メイサなどが所属する日本の芸能プロダクション・スイートパワーと専属契約を交わして以降、ドラマや映画など多数の日本作品に出演。日本語レベルも着実にアップし、今やバラエティ番組にも出演するほどだ。

「JY(ジェイワイ)」の名でソロ歌手としても活躍中。ただ、韓国では“消えた芸能人”に分類される。韓国ではほとんど活動していないだけに、仕方がないことかもしれない。

ソロとして活動中だが、半分消えつつある…ニコルは今

KARAの既存メンバーの中では真っ先にグループを離脱したニコル。

2014年1月にDSPとの専属契約が終了したあと、生まれ育ったアメリカに渡って充電期間を置き、B2Mエンターテインメントと専属契約を交わした。

同事務所はかつてイ・ヒョリが所属し、現在もSGワナビーらK-POPアーティストが多数所属している。

ニコルも15年6月には日本でソロ歌手としての活動も開始。シングル、アルバムの発表はもちろん、単独ライブなども行なっているが、KARA時代のようなヒットや旋風はまだ起こせていないのも、また事実だ。

(文=S-KOREA編集部)