画像提供:マイナビニュース

写真拡大

楽天LIFULL STAYは12月20日、民泊施設・簡易宿所オーナーおよび不動産事業者向けの「全部運用代行パッケージプラン」をレオパレス21へに初めて提供し、集客、空室管理、問い合わせ対応、清掃など、宿泊運用に関わる一連の業務を一括して運用代行すると発表した。

また、レオパレス21は今回、「特区民泊」が実施可能な東京都大田区に所在する自社物件を対象に、楽天LIFULL STAYの知見を活かしながら「特区民泊」向けに改装を行っていく予定で、レオパレス21は、本連携を通じて得た知見やノウハウを、今後の既存物件の空室対策やオーナーの収益力向上、高収益商品の開発につなげていく。

なお、全部運用代行パッケージプランの現時点でのサービス対象エリアは、東京23区内、京都市内、大阪市内、福岡市内、沖縄本島および宮古島で、2018年前半には札幌および名古屋、その後は順次拡大予定だという。