『アウトレイジ 最終章』来年4月にソフト化 17名のインタビュー収録したスペシャルエディションも

写真拡大

 『アウトレイジ 最終章』のBlu-ray&DVDが、2018年4月24日にリリースされることが決定した。

参考:『アウトレイジ 最終章』は、なぜ希望を描いてしまったのか? 日本社会の“現実”との関係性

 本作は、極悪非道の男たちの壮絶な権力闘争を描いた『アウトレイジ』シリーズの完結編。国際的フィクサー“張グループ”と巨大暴力団組織“花菱会”の全面対決を描き出す。

 スペシャルエディションには、北野武監督、西田敏行、本作でシリーズ初参加を果たした大森南朋、ピエール瀧、大杉漣、シリーズ3部作すべてを支えた音楽・鈴木慶一、撮影・柳島克己、照明・高屋齋、美術・磯田典宏、衣装・黒澤和子、ガンエフェクト・納富喜久男、刺青担当・田中光司など、総勢17名へのスタッフ・キャストへのインタビューを敢行した“実録・アウトレイジ”を収録。

 さらに、舞台挨拶の模様や大ヒット御礼特別映像“怒号39連発”などの特典映像も収録されるほか、特典として24Pの解説書が封入。仕様は特製ブックケースつきのスペシャルパッケージとなる。(リアルサウンド編集部)