尖った4人の起業家が語ります(撮影:尾形文繁)

発売たちまち15万部を突破した、ナイキ創業者フィル・ナイトによる自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。父親から借りた50ドルを元手に売り上げ300億ドルの会社を作り上げた「熱狂人生」に触発されたベンチャー起業家たちが、11月9日の夜、日本橋浜町にあるHama Houseに集まった。
「現代日本のフィル・ナイトを探せ」と題して、テクノロジーの未来に挑戦する「尖った日々」を4人の男たちが語った。笑顔で語られる「壮絶」な内容に観客が唖然とした対談のもようを、ダイジェストでお伝えする。登壇者は、株式会社grooves・池見幸浩氏、株式会社Origami・康井義貴氏、株式会社バンク・光本勇介氏、ファクトリエ・山田敏夫氏。

「掲示板」時代にスニーカーを通販

grooves・池見幸浩氏(以下、池見):フィル・ナイトは、日本ではあまり露出の多くない起業家ですが、彼の著書『SHOE DOG(シュードッグ)』がとんでもない勢いで売れているようです。


「SHOE DOG」特設サイトはこちら

今日はここにいる若き起業家の皆さんに、ナイキの魅力や、起業にまつわるご自身の体験を率直に語ってもらいたいと思います。最初に、康井さんから。康井さんは、スマホを使った新しい決済サービスを立ち上げて、eコマースや決済の世界を変えようとしている方。そして、ナイキが大好きなんですよね。今日履いているのもナイキ?

Origami・康井義貴氏(以下、康井):はい、エアジョーダンです(笑)。僕は、子供時代にエアジョーダンを履いてサッカーをやっていました。やがてエアマックスやマンガの『スラムダンク』が人気になって、日本では「エアマックス狩り」が起きましたよね。その頃、僕は、オンラインでモノを販売することを考えて、スニーカーを仕入れ始めました。

池見:康井さんのビジネスの原体験は、スニーカーというわけだ。光本さんはどうでしょうか。光本さんが創った会社、ブラケットはスタートトゥデイの子会社になった後、すぐに再度独立したり、「CASH」というオンラインの質屋のようなサービスを立ち上げて、あっというまに3億円が流出したりと、いま話題の方です。

バンク・光本勇介氏(以下、光本):実は、私も昔、ナイキの靴をネット販売していました。当時は、楽天もヤフオクもありませんから、ネット上の掲示板に情報を書き込んで、地方の人に売っていました。それがバンバン売れたので、「すごい、いつかインターネット事業を起こしたい」と思いました。

康井:まさに同じです。当時は、ホームページのデザインも簡単にささっと作るというわけにはいかない時代でしたが、自力でなんとか作って。

光本:そうそう。画像を自由に扱ったりできないので、靴のデザインも、テキストで一生懸命説明しました。そんな体験が、個人のネットストア作成を支援するサービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」の立ち上げにつながっています。

私は、大学卒業後、外資系の大手広告代理店で働いて、ブランディングとはなんなのかを学びました。当時から、ブランドといえばナイキが圧倒的でしたね。ずっとカッコイイなと思って、ナイキの広告はずいぶん研究しましたよ。

池見:山田さん、いかがですか。山田さんはファクトリエというブランドを立ち上げ、アパレルのものづくりの世界を変えようとされている方。高品質な日本の工場のアパレル製品をブランディングし、ユーザーに届けようとされています。

ファクトリエ・山田敏夫氏(以下、山田):僕は熊本出身で、地元の商店街には小さな靴屋しかなかった。なので、欲しいスニーカーはネットの掲示板で探して買っていました。だから、おふたりのどちらからも買っていたんじゃないかなと……(笑)。

起業家、だけど住む家がない!?


康井 義貴(やすい よしき)/1985年トロント生まれ。トロント、ニューヨークで幼少期を過ごし、10歳から東京に在住。シドニー大学留学、早稲田大学卒業後、米大手投資銀行リーマンブラザーズでM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、シリコンバレーの大手ベンチャーキャピタルDCM Venturesで米国、日本、中国のスタートアップへの投資を手掛ける。2012年、Origami(オリガミ)設立(撮影:尾形文繁)

池見:みなさんナイキに愛着心がありますね。『シュードッグ』を読むと、起業家という同じ立場の人間として感じるところがあります。フィル・ナイトはずっと苦労して会社を大きくしていった。私が印象深かったのは、つらくなったとき、ナイトは6マイルのランニングを自分に課していたという話です。起業家にはつらいことがいっぱいあると思いますが、過去のつらい経験とか、それをどう乗り切ったかを聞かせていただけますか?

康井:ファンド時代の同僚がミュージシャンになると言って辞めてしまったんです。面白いなあと思う一方で、カッコイイなとも思っていた。実際、彼はその後デビューしました。それ以降、自分のやりたいことはなんだろうと考えるようになりました。

最初は、とにかくおカネを事業に回したくて、家を引き払って家具も売りました。わずかな荷物を友達のオフィスの片隅に置かせてもらっての生活です。シリコンバレーで学んだのは、「成長のための投資は惜しまない」ということでした。成長するためには投資こそが大切で、投資をすれば当然おカネは減る。減るのは怖いけど、どんどん成長のための投資をしようと思っていました。

池見:今ではビジネスも成長して、21億円ほど調達されていますよね。並み居る強豪がいる世界に打って出ているのだと思いますが、ストレスフルでは?

康井:そうですね。でも、仕事は仕事でしかカバーできません。資金調達も採用もそうですが、やはり「数」だと思います。1カ月で質の高い人を3人採用したいが、採用できる確率は5%とした際に、最低でも60人と会わなければならない。この「数」が重要になる。基本的に、仕事でうまくいかないときは、仕事の量で大部分カバーできると考えています。

「16時間で3億円の支払い」でもめげない鈍感力


光本 勇介(みつもと ゆうすけ)/神奈川県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒。 2008年10月、個人が簡単にオンラインストアを作れるサービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」などを運営する株式会社ブラケットを創業。2013年8月、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの100%子会社となるが、2016年10月、MBOにより独立。取締役兼会長に就任。2017年2月に株式会社バンク設立。同社代表取締役兼CEOに就任。2017年6月、モノを瞬時に現金化する「オンライン版質屋」サービス「CASH(キャッシュ)」を開始。同11月、DMMが同社を70億円で買収(撮影:尾形文繁)

光本:私はずっと自己資本でやってきました。最初の起業は、リーマンショックの直後。世の中の財布の紐も固く、ユニークな会社に投資しようというベンチャーキャピタルもなかった。資金調達したくてもできなかったんです。ぎりぎりの資金繰りで、会社の通帳残高が8000円しかないという事態にもなりました。今でもその通帳の写真は携帯に入れて持ち歩いています。

池見:そのどん底から「STORES.jp」が伸びたわけですね。光本さんは、2017年6月に「オンライン質屋」サービスの「CASH」を公開しましたよね。預けたいものの写真と情報を入力すると、瞬時に査定されて現金化されるサービス。公開されたとき、たった16時間で3億円のおカネを支払ったというニュース記事を読んで、これはヤバいと思っていました(笑)。

光本:あれは真っ青でした。サービスをリリースした瞬間から、想像以上に利用されたんです。結果、おカネがどんどん出ていくことになりました。夜には落ち着くだろう思ったのですが、ますます加速。「これは止めないとまずい!」と思ってサービスを停止しました。

池見:その支払いを自己資金で? 3億円も?

光本:はい、自分のおカネをばらまきましたね。

池見:いや、これはぶっとんでいますね。

光本:サービスを止めるというのは、実は大きな決断で、再開のめどがないままそうしたので、絶望的な気持ちになりました。

池見:それで眠れますか?

光本:明け方になってようやく、疲れ果てて寝ました。でも、翌朝目覚めて「自分たちが思っていた以上に莫大な需要とマーケットがあるな」というポジティブな考え方が浮かんできて、意地でも再開させるぞ、と思いましたね。

その矢先、現金と引き替えになったアイテムが、僕らのところにどんどん送られてきました。そんなに利用されると思っていなかったので、深く考えず、アイテムの送り先を自分たちのオフィスにしていたんです。

そしたら宅配業者のトラックがやってきて、1台まるごとおたく宛の荷物だけど、どこに置けばいいかなと。しかも、まだ何台分もあると。何週間もそうやってアイテムが届き続けて、およそ1万個。インターネットの会社を作ったつもりなのに、必死になって荷物運びの肉体労働ばかりしていました(笑)。

池見:光本さんのサービスには、正直嫉妬しました。誰もやっていないことをやっておられるから。

光本:どんな戦略を持ってあんなことをされたんですか、とよく聞かれるのですが、そんな戦略はないんです。その証拠が、アイテムの送り先をオフィスにしていたこと。

池見:山田さん、どうですか。

山田:僕の場合、とにかく、最初はシャツが売れなかった。熊本のアパートで起業して、初めて作ったシャツは400枚。光本さんほどじゃないけれど、シャツの詰まった段ボールが部屋に13箱ありました。これを売らないと部屋の窓が塞がって日の光も入ってこない(笑)。

山田:それに、作ったシャツの支払い期日もどんどん迫ってくる。ネットでも売りましたが、アマゾンや楽天のような有名なところではなく、あまり知名度のないサイトで、しかもファクトリエというブランドなんて、誰も知らない。

ユニークユーザーが1、つまり自分だけ、という日が何日も続きました。それが2になり、3になり、と増えていったときは、本当にうれしかったです。

友達に買ってもらったりもしていたのですが、そのうち、「山田の電話を取るとシャツを売りつけられる」とうわさされるようになってしまいました。

ある日、オフィスビルの喫煙所に人が集まっているのを見て、そこで「シャツを買ってくれませんか」と営業を始めたんです。もちろん売れませんでした。そのとき、弱い自分がいるということに気づきました。「いらない」と言われて、そこで一歩も踏み出せない弱いやつだった。でも、後悔するくらいなら踏み出せばいい、と気合を入れました。

それから「無料着こなしセミナー」というアイデアを考え出し、そのアイデアをもって、いろいろな会社の人事担当者に手当たり次第に営業をかけました。このセミナーを通じてじわじわとシャツを売りました。行ったからには、10枚は売りたいと思って必死にやりました。週末はバイトをし、それでもおカネが足りないときは日雇い仕事をしながらの毎日でした。

池見:山田さんは完全自己資金ですよね。小売業、製造業を自己資金で回すというのはスゴイことだと思います。

山田:この先にまだ階段があると思って踏み出したら、その上の段が実はなかったという失敗はよくありますよ(笑)。

康井:あるある(笑)。でも、そういうものだよね、という鈍感力も必要ですよね。

山田:そうですね。あと必要なものはというと、健康だと思っています。僕は、月に一回、カイロプラクティック、はり、灸に行っています。これは、体をケアして、自律神経を落ち着かせるためです。僕は交感神経が働きすぎで、常にオン状態にあるんです。寝ても疲れがとれない。次の階段がないんじゃないか、というのが頭から離れなかったりして。

光本:失敗からのほうが学ぶことが多いですね。一度やってみると、その経験が次に生かせるから。

争い事は嫌い。でも大企業とのガチ勝負は「運命」


山田 敏夫(やまだ としお)/1982年熊本県生まれ。創業約100年の老舗婦人服店の家に育つ。大学在学中、フランスへ留学しグッチ・パリ店で勤務。SoftBankHCにてネットビジネスを学び、東京ガールズコレクションの公式通販サイト「fashionwalker.com」へ入社。2012年1月、ライフスタイルアクセント株式会社を設立。同年10月、メイド・イン・ジャパンの工場直結ファッションブランド「Factelier(ファクトリエ)」をオープン。2014年より中小企業基盤整備機構「新ジャパンメイド計画」審査員(撮影:尾形文繁)

池見:『シュードッグ』では、オニツカの代理店からスタートしたナイキが、自分たちのブランドを作って、ライバルのプーマなどと戦っていきます。みなさんのライバルは?

康井:スマホ決済の業界で進んでいるのは、中国ですね。ライバルと呼ぶのがおこがましいレベルで圧倒的にすごい。だったら組んでしまおうと、昨年ALIPAYさんと業務提携しました。金融産業は大きな市場なので、いかにパートナーを増やしていけるかが重要だと考えています。

光本:私は、争い事が好きじゃないんですが、新しいことをやるたびに競合は出てきます。「STORES.jp」もそう。大手が無料で同様のサービスを出して、EC戦国時代のような状態になりました。こんな大手と戦うのかと震えましたが、これも運命だなと思いました。

自分たちで新しいカテゴリー、新しい市場を作って認知させていくのもいいですが、競合がいたほうが、市場ができていくスピードが速いということもあり、結果的に自分たちも成長できます。

山田:僕は、熊本の老舗婦人服店で育ちました。そこでは、すべてが工房から生まれていました。一方、ナイキのような企業は、マーケティングやブランディングによって、工房を凌駕するものを作ります。歴史の浅いアメリカという国が打ち出すブランディングに対抗して、いかに歴史と職人の技術をもってブランドを創り戦うか。僕はそこを考えています。

ヨーロッパのブランドは、工房でのものづくりから生まれています。たとえば、エルメスはフランス国内に3000人の職人がいて、職人ひとりが1つのバッグを丸縫いして刻印します。すると、それが修理のために若い職人の手に渡ったとき、その若者は「師匠の技術はすごいな」と思う。

山田:一方、アメリカのブランディングは、職人でなく消費者に憧れさせるという手法であって、また別の道なんですよ。ものづくりを大切にするのは基本として、僕にとっては、ナイキのようなアメリカ型の会社もライバルです。

「合コンでモテるサービス作ろうぜ!」


池見 幸浩(いけみ ゆきひろ)/2004年、株式会社groovesを設立。ITエンジニアの成長プラットフォーム「Forkwell(フォークウェル)」、約500社の人材紹介会社と3000社以上の求人企業をつなぐ国内最大級のクラウド・リクルーティング・サービス「Crowd Agent(クラウドエージェント)」、都市部人材と地方企業をつなぐ副業プロジェクト「Skill Shift(スキルシフト)」などIT×人材領域で サービスを提供している。2015年1月には人材採用領域における人工知能やビッグデータ解析技術の活用に関する研究を行う「groovesHRTech研究所」を設立(撮影:尾形文繁)

池見:なるほど。尖った起業家として、みなさんこれから、どう世界を変えていきたいですか?

康井:情報伝達でいうと、以前は切手を貼って、電話代を払ってやり取りしていたことが、この20年でインターネットが発達してコストがかからなくなりました。フェイスブックが出てきた当時は「おカネにならない、1メッセージでいくら取れるんだよ」と言っていた人すらいましたが、そこに「データ」が生まれ、そのデータを使ったビジネスが成長しました。

資金移動についても同様です。金融産業でも少なからず似た現象が生じると思います。日本ではオンラインの市場規模が13兆円、一方、オフラインは130兆円です。これから5年、10年で消費の世界にどんどんインターネットが入ってくる。そこにチャレンジをしていきたいと思います。

光本:私の会社は若い男性が多いので、「合コンでモテるサービス作ろうぜ!」とよく言っています(笑)。合コンで自己紹介するとき、「クックパッド作ってます」「アメブロ作ってます」って言うとモテるんですよ。でも、まだ私たちのサービスは知られていません。ですから、圧倒的なマスのサービスを作ってみたい。

今回の「CASH」でのチャレンジも、いかにマスのサービスになりうるポテンシャルがあるか、という視点で市場選択をしました。直近ですごいのは、メルカリさん。あんなに圧倒的に巨大なサービスになるとは思っていなかった。なぜみんなメルカリを使うのか。そこにマスの需要があると思います。

山田:僕は、心の健康に注目しています。この10年で睡眠、食事、運動が盛り上がっています。タニタ食堂、オーガニック、糖質制限、ライザップ。肉体の健康は注目されましたが、一方で、うつ病の人が増えているという状況には、あまり目を向けられていません。

僕は、肉体的な健康が心の健康につながると思っています。衣服でいえば、ただ着るだけ、ただはくだけでなく、いいものをきちんと選んで何年も使ってほしい。食事もきちんとして、感性の豊かなものにちゃんと触れてもらいたい。

池見:今日僕は、山田さんのブランド「ファクトリエ」のシャツを着ています。着心地がまったく違います。国産なんですよね。

山田:自分の好きな服、気に入った服を身にまとえば、憂鬱な気分だったものが、明るい気持ちにもなるんです。何か新しいサービスに触れて、気づきを得られるというのも、日々楽しいじゃないですか。そういう抑揚のある生活が心の健康につながるでしょうし、その一助になる仕事をしていきたいです。

池見:僕には2歳の娘がいますが、彼女たちの平均寿命は109歳にもなるんだそうです。100年前の日本人の寿命が48歳ですから、とんでもない時代になったと思います。ピーター・ドラッカーは、現代の職業生活が社会に与えた最も大きな影響は、寿命が延びたことだと言いました。テクノロジーの世界でも、これ以上の成長は無理だと思われていたのに、ムーアの法則以上に進展したプロセッサーが開発されています。

僕らは奇跡的なタイミングに生きている。面白いチャレンジをする人がいっぱいいる。そんなチャレンジを見たら、盛り上がってほしいですよね。斜に構えず、生み出された新しいモノやサービスを使ってみてほしい。それがさらなる成長を後押しすると思います。本日はありがとうございました。