ネイチャー誌は17日、今年1年で科学に重要な影響を与えた「今年の10人」を選出し、中国からは物理学者の潘建偉(パン・ジエンウェイ)氏が選ばれた。また、重力波観測施設「VIRGO」の天文学者マリカ・ブランケージ氏らが選ばれた。ネイチャーの編集者は、「量子通信やゲノム編集、潜在的な核の危機、米国の環境保護政策の後退など、これら選出された10人が2017年の科学の成果と挫折をもの語っている」とした。科技日報が伝えた。

ネイチャーは入選者全員を記事で紹介。そのなかで「量子の父」(FATHER OF QUANTUM)と題した潘氏に関する記事では「彼は中国で量子の父と呼ばれている。潘氏はその呼び名にふさわしい人物だ。潘氏に率いられ、中国は遠距離量子通信技術におけるリーダー的国家となった」と紹介された。

潘氏が率いる世界初の量子科学実験衛星「墨子号」のチームは今年6月、1000キロ級の衛星・地球双方向量子もつれ配送を実現し、世界で長年維持されてきた100キロ級の記録を打破した。関連成果はサイエンス誌に掲載された。それから約1カ月後、同チームは再び世界で初めて1000キロ級の衛星・地球双方向量子通信を実現した。関連成果はネイチャー(電子版)に掲載された。

これにより、潘氏のチームは墨子号の3大科学目標を、計画よりも前倒しで達成した。中国科学院の白春礼(バイ・チュンリー)院長は当時、「墨子号の一連の成果が国際的に大変な評判となっている。中国の量子通信分野の研究が、世界を全面的にリードする有利な地位を占めていることが分かる」と評価した。

同誌はさらに、米メリーランド大学の量子物理学者であるChristopher Monroe氏の、「潘氏が優秀なのは、重要な問題を見つけ出し、果敢に取り組めるからだ。彼のいる中国は幸せだ(China is very lucky to have him)」という潘氏に対する評価を掲載した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)