クリスマスまであと数日ですが、この時期になるとそろそろ気になってくるのが年末年始の過ごし方です。日本の行政機関では例年12月29日から翌年の1月3日までお休みとなりますが、カレンダーで確認してみると6連休に。これが日本のビジネスパーソンのスタンダードな冬休みといったところでしょうか?

ビジネスパーソンの8割は、冬休みにゴロゴロしているか仕事をしている!?

今回「コミックシーモア」では、年末年始を含めた冬の動向に関するアンケート調査を実施しています。こちらによるとお正月を含めた冬休みの日数で一番多いのは、やはり「4日〜7日」に。

「0日」の人も8.8%に。正月終わりで代休などがとれればいいのですが……。

そして「冬休みの予定を教えてください」という質問では、以下のようなランキングとなっています。

冬休みの過ごし方(複数回答)

1位 家でゴロゴロする……59.2%

2位 仕事……26.1%

3位 帰省する……20.6%

4位 買い物……19.0%

5位 国内旅行……9.1%

6位 海外旅行……1.5%

結果を見ると「家でゴロゴロする」が約6割と圧勝!続いて多いのは「仕事をする」ですが、会社は休みだけど個人では仕事をするということでしょうか?それはもはや冬休みとはいえない気もしますが、上位1位2位ともレジャー感がないのが気になります。つまり日本人の約8割近くは、年末年始は家でゴロゴロするか仕事をしているのです。

年末年始は国内旅行以外のレジャーに関心ナシ!

このようにレジャー感がまったくない年末年始の過ごし方は、理想とどれくらいかけ離れたものなのでしょうか?同調査では男女別で「理想の冬休み期間が取れた場合の過ごし方」という質問をしていますが、結果はこちらとなっています。

「ゲームをやり込む」にかなりの男女差が。女性のゲーマーはやはり少ない?

男女ともに理想の1位は「国内旅行」。数値を見ると男性で44.9%、女性は半数を超える50.5%の人が支持しています。やはり冬休みはゴロゴロするのが理想、というわけではない人は多いのです。

しかし2位以下を見ると、とたんにインドアの流れを感じる結果に。男性は2位「取り溜めた映画・ドラマを観る」(32.4%)、3位「とことん寝る」(31.0%)、4位「ゲームをやり込む」(30.6%)。女性は2位が「とことん寝る」(34.9%)、3位「取り溜めた映画・ドラマを観る」(32.3%)、4位「普段読めない漫画を読む」(29.0%)。「海外旅行」や「飲みに行く」は、それよりも低い割合にとなりました。国内旅行以外のレジャーは、あまり年末年始にニーズがないのでしょうか?

そんなインドア傾向の強い日本のお正月、家で過ごす人は具体的にどんなことをしているのでしょうか?こちらの調査結果を紹介します。

今年の年越しの過ごし方は?(複数回答)

1位 年末のテレビ番組を観る……79.6%

2位 年越しそばを食べる……43.3%

3位 初詣に行く……22.7%

4位 年賀メール(ラインなども含めて)を書く……9.1%

5位 年賀はがきを書く……8.7%

6位 カウントダウンイベントに行く……3.0%

7位 SNSで今年1年を振り返る……1.5%

1位は「年末のテレビ番組を観る」が圧勝!近年言われている「テレビ離れ」をまったく感じさせません。年末のテレビ番組を見て年越しそばをいただき、年が明けたら初詣……日本の年末年始はこれがまさに年代問わず黄金パターンなのです。

普段神事に関心がない人でも、初詣は行く人多数!

その一方で「年賀メール(ラインなども含めて)を書く」や「SNSで今年1年を振り返る」はまさに今の時代ならではのもの。古き良き文化をベースに今の文化が交差する、そんな流れも感じる結果といえそうです。

【調査概要】
調査概要:コミックシーモア
調査日: 2017年11月21日(火)~2017年11月22日(水)
調査方法:インターネット調査
調査人数: 4,303名(男性:216名 女性: 4,087名)
調査対象:10代以上のコミックシーモア会員男女