こんにちは。料理研究家の越野美樹です。
もうすぐクリスマス。お店をはじめ、テレビや雑誌、チラシなどでも華やかなケーキを見かけるようになりました。「お母さん、ケーキ作って!」と言われても、時間はないしお菓子づくりはちょっと苦手…。

今日はそんな方でも失敗なく作れる、「簡単チョコケーキ」をご紹介します。ホットケーキミックスなど、市販のミックス粉を使わなくても、キッチンにあるもので簡単に作れる、手軽なケーキです。



私もお菓子づくりには苦手感があったのですが、ちょっとしたコツを知ると簡単に作れることがわかりました。

ケーキを作る時には

・粉類はあらかじめふるっておく
・液体は乳化するまでよく混ぜる
・液体と合わせる時に練らないで切るようにする
・粉類と液体を合わせたら手早く作業してすぐに焼く


とうことを守れば、誰でも失敗なく仕上がりますよ。



ケーキを作るときは洗い物をなるべく少なくしたいものですが、このレシピは全てグラム表示なので、計量カップを別に用意する手間がなく、ボウル2つで手軽に作れます。大きめのボウルに粉類をふるい入れ、小さめのボウルに液体を入れると効率よく作業できますよ。

■簡単チョコケーキ
調理時間 20分

レシピ制作:藤野料理教室にじ 越野美樹


<材料>※直径16cm丸型1個分
薄力粉 130g
ココアパウダー 70g
ベーキングパウダー 小さじ1
塩 ひとつまみ
菜種油 30g
メープルシロップ 40g
豆乳 200g
 

<作り方>
1、大きめのボウルに薄力粉、ココアパウダー、ベーキングーパウダー、塩をふるい入れる。泡立て器で軽く混ぜる。

2、小さめのボウルに菜種油、メープルシロップ、豆乳を入れ、泡立て器で乳化するまでよく混ぜる。

3、1のボウルの真ん中に2を入れて、ゴムベラで返すようにしてから、ダマを切るようにして混ぜる。

4、油をぬったケーキ型に3を入れて、トントンと空気を抜くようにする。

5、190℃に熱したオーブンにれて、15分ほど焼く。

卵や乳製品を使わないから、バターを室温に戻したり卵を泡立てる手間もなく、簡単に作れます。油分や糖分も少なめなので胃腸にもやさしく、たっぷり食べられますよ。

粉ふるいがない場合は、ボウルの上にざるをのせ、粉類を入れたら泡立て器で混ぜるようにすると簡単にふるえます。

焼きあがったら竹串などをさしてみて、まだ生地が竹串についてくるようだったら5分ほど追加して焼いてみてください。お好みで、粉糖やココナッツパウダーをふりかけると見た目もかわいいですよ。

■「簡単チョコケーキ」のアレンジ例

簡単チョコケーキは、ちょっとアレンジすると違うおいしさが楽しめます。

●アレンジ1 「デコレーションケーキ」


「簡単チョコケーキ」にフルーツとミントをあしらうだけで、デコレーションケーキが楽しめます。もちろん、クリームとフルーツでデコレーションすれば、バースデーケーキや、クリスマス用のケーキにもおあつらえ向きです。


●アレンジ2 「パウンドケーキ」


「簡単チョコケーキ」のタネを、パウンド型に入れれば、パウンドケーキのできあがり! 中にドライフルーツやナッツを入れると、また違った食感が楽しめます。

また、「簡単チョコケーキ」のタネを蒸し器で蒸せば蒸しパンに、フライパンで焼けばパンケーキが作れます。

手作りケーキも、一度作ってみれば意外と簡単に作れることがわかるはず! お母さんの手作りケーキを食べたら、きっとお子さんの笑顔もはじけますよ。
(越野 美樹)