まだ発売前なのにカスタム仕様が早くも登場!

 三菱自動車は、2018年1月12日(金)から14日(日)まで開催される世界最大級のカスタムカーイベント「東京オートサロン2018」に、発売間近であるエクリプス・クロスのカスタムモデルなどを出展する。

 注目のエクリプス・クロスは「PREMIUM SPORTS Concept」と「FIELD ATHLETE Concept」の2台。「PREMIUM SPORTS Concept」は、スポーティさを強調しており、ボディ下部をモノトーンとし、フロントアッパーグリルはダークメッキ化。全体的にスタイリッシュなエクステリアに仕立てた。また、足まわりには”冒険”の名を持つレイズ製アルミホイール「STRATAGIA Avventura(ストラテジーア アヴェントゥーラ)」やヨコハマタイヤの「ADVAN Sport V105」を装着している。

 もう1台の「FIELD ATHLETE Concept」はSUVらしさを際立たせるコンセプトで、ボディカラーに輝きと高質感を併せ持つブロンズメタリックを採用。またエンジンフードプロテクターや、太めのスポークデザインのレイズ製アルミホイール「FDX-F7」とヨコハマタイヤの「GEOLANDER A/T G015」を装着することで、力強いタフなイメージを強調している。

「アウトランダーPHEV PREMIUM SPORTS Concept」は、フロントやサイド、リヤエアダムに人気のカーボン柄を施し、足もとには繊細なデザインのレイズ製アルミホイール「VERSUS STRATAGIA VOUGE(ベルサス ストラテジーア ヴォウジェ)とヨコハマタイヤの「ADVAN Sport V105」を採用したことで、スポーティかつお洒落なエクステリアに仕上げた。

「デリカD:5 ACTIVE GEAR」は、特別仕様車をベースに本格的なオフローダー用品を装着。フロントバンパープロテクターとサイドアンダーガードバーに加え、積載量を確保するヘビーデューティキャリアとリヤラダーを装着し、さまざまなレジャーシーン活躍するパッケージに仕立てた。まさにACTIVE GEARの持つ世界観を際立たせた1台だ。

 まだ発売前のエクリプスクロスだが、購入を考えていてる人はカスタマイズの参考に、ぜひ会場に足を運んでみてほしい。