『凶悪』コンビが誘拐犯に 映画『サニー/32』監禁されるNGT48北原里英の姿が公開

写真拡大

 ピエール瀧とリリー・フランキーの『凶悪』コンビが再共演する映画『サニー/32』から場面写真が公開された。

参考:監禁されるNGT48北原里英【写真】

 キャストだけでなく『凶悪』で監督を務めた白石和彌と脚本を担当した高橋泉も再タッグを組む本作は、“犯罪史上、最もかわいい殺人犯”と呼ばれ、インターネット上で神格化された11歳の少女サニーをめぐる物語。NGT48の北原里英演じる24歳の中学校教師・藤井赤理が、サニーの熱狂的信者である柏原(瀧)と小田(リリー・フランキー)に雪深い山麓の廃屋で監禁され、脱出を試みるという内容だ。

 公開された場面写真は、北原扮する藤井が、口をふさがれ体を縛られていたり、瀧演じる柏原によって拉致されそうになっていたりと、緊迫した雰囲気のものばかり。来春NGT48ならびにAKBグループを卒業する北原にとって、本作は本格的に女優業を開始する第1作目となるため、アイドルから女優への“覚醒”が注目される。

 体当たりの演技に挑んだ北原について、リリー・フランキーは「素晴らしい女優さんです。この役を演じる『覚悟』を感じ、引っ張られました」と絶賛。また、撮影は豪雪地帯の新潟という極寒の環境下で行われたそうで、「雪の中に立ち続ける姿は立派でしたし、完璧な女優でした」と瀧も彼女の仕事を褒め称えている。(リアルサウンド編集部)