場面写真をもっと見る

キャプテンを務めるNGT48、並びにAKB48グループからの来春卒業を発表し、女優としての活躍を誓った北原里英が女優業を本格始動する第一弾作品、映画『サニー/32』。このたび、同作の場面写真が解禁された。

本作は、今、日本映画界でもっとも勢いのある監督・白石和彌と脚本・高橋泉(※正しくはハシゴダカ)の『凶悪』タッグによる完全オリジナル作品。本作で北原が演じるのは、仕事も私生活も今ひとつの中学校教師・藤井赤理。物語は、彼女の24歳誕生日にピエール瀧&リリー・フランキー演じる“サニー”の狂信的信者に拉致・監禁されるところから始まる。

“サニー”とは「犯罪史上、最もかわいい殺人犯」と呼ばれ、ネットなどで神格化し世間を騒がせた11歳の少女の愛称。誘拐犯の柏原(ピエール瀧)と小田(リリー・フランキー)のふたりは赤理(北原)を“サニー”と呼び、強烈なキャラクターたちの群像劇がサスペンスフルに展開していくなか、人間の弱さと強さ、さらにはネット社会の危うさまでをも内抱している物語は、予想を超えた結末に向けて走り出していく。

今回、解禁となるメインカットでは血まみれの白いドレス姿にロープで縛られた北原を不気味かつ厳しい表情で見つめるピエール瀧とリリー・フランキーの姿。ほか、ピンクのドレス姿で恐怖に怯えながら「32(サニー)ポーズ」を決める北原の姿や、ピエール瀧によって拉致寸前とも思える場面、さらには口を塞がれ、全身を縛られ横たわる姿などこの先、どのように展開されていくのか非常に気になる内容となっている。

本作が撮影されたのは昨年2月の豪雪地帯の新潟。超極寒の環境下で続いた撮影の中でピエール瀧は「雪の中に立ち続ける姿は立派でしたし、完璧な女優でした」、リリー・フランキーは「すばらしい女優さんです。この役を演じる“覚悟”を感じ、引っ張られました」と北原を絶賛!

今、日本映画界を席巻する監督・キャストたちの中でアイドル北原里英の“女優覚醒”へと追い込む過程、さらには物語が一体どうのように展開されていくのか早くも期待が高鳴るヤバい作品といえそうだ。



映画情報



『サニー/32』

2月9日(金)新潟・長岡先行公開

2月17日(土)全国公開

出演:北原里英

ピエール瀧・門脇 麦・リリー・フランキー

駿河太郎 音尾琢真(特別出演)

山崎銀之丞 カトウ シンスケ 奥村佳恵 大津尋葵 加部亜門 松永拓野 蔵下穂波 蒼波 純

スーパーバイザー:秋元 康

脚本:高橋 泉

音楽:牛尾憲輔

監督:白石和彌

主題歌:「pray」牛尾憲輔+田渕ひさ子

(C)2018『サニー/32』製作委員会

リリース情報



2017.12.06 ON SALE

SINGLE「世界はどこまで青空なのか?」

映画『サニー/32』作品サイト

http://movie-32.jp/

NGT48 OFFICIAL WEBSITE

https://ngt48.jp/