実話に鮮明さを与える土屋太鳳の“笑顔”の効能ーー『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の演技に寄せて

写真拡大

 こんなにも、文字どおりの“はじける笑顔”というものがほかにあるだろうか。映画、テレビ、CM、どの作品でも、土屋太鳳の笑顔を見るとそう思う。今年だけでも『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『トリガール!』で、ヒロインとして映画の顔として笑顔をふりまく彼女は、それぞれの画面に力強さを与えると同時に、わたしたちに元気をくれる。この、オールスターが集結した『64‐ロクヨン‐前編/後編』(2016)などの大作から、オリジナル企画の自主映画『菊とギロチン』(2018・夏公開予定)までを手がける瀬々敬久監督の職人的な手腕によって放たれた『8年越しの花嫁 奇跡の実話』でも、彼女の“笑顔”の力はきわめて大きい。

参考:佐藤健、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』で土屋太鳳に4年越しの謝罪!? 

 この映画での土屋は、あまり笑顔を見せない。かといって終始表情がくもっているというわけではもちろんなく、日本映画の元気印である、いつもの彼女と比べればの話である。そんな中でも印象的な笑顔を見せるのが、まず尚志(佐藤健)との出会いの場面だ。佐藤演じる「趣味、車いじり。仕事、車いじり」である寡黙な男・尚志は、同僚の誘いをうまく断ることができず、男女があつまる飲み会に不本意ながら参加することとなる。うかない表情で居心地悪そうに座る彼は、ちょうど反対側の、対角線上に座っている土屋演じる麻衣といっしゅん目が合う。しかし彼女は、彼に笑顔を送るどころか、その視線すらそっけなくそらしてしまう。嬉々と2次会へ移動をはじめる人々の中、彼だけがその場を離れるが、その背を、麻衣が追ってやってくる。驚く彼に向けた彼女の言い分は、「あんな態度はないだろう」、というもの。それに対して彼はドギマギしながら、お腹の具合が悪かったのだと誤解を解こうとする。合点がいった彼女はここでようやく、ビー玉のようにまんまるく光った目に、大きめで並びのいい歯をのぞかせて、満面の笑顔を見せるのだ。2人の恋がはじまるのにこれ以上の説明はいらない、それほどまでに輝いた“笑顔”である。

 しかし、映画の出だしと同じく順調であったカップルの生活は、麻衣を突然襲った病によって一変する。当然ながら演じる土屋は“笑顔”を見せなくなる。彼女のシンボルともいえる“笑顔”を、見せることができなくなるのだ。眠り続ける彼女のそばに寄りそう、佐藤の献身の日々がはじまる。2人に課された1度目の試練である。

 この2017年、佐藤は『亜人』で、土屋は『トリガール!』で、それぞれが類まれなる身体能力の高さを披露したばかりだが、ここでは2人の真逆ともいえる静かな演技に魅せられる。眠り続ける彼女と、寄り添い続ける彼の姿を、移ろいゆく季節とともに幻想的に捉えたワンシーンは、エモーショナルな音楽とあいまって、本作屈指の名場面でもある。

 ついに麻衣は、奇跡的に意識を取り戻す。しかし彼女は尚志のことだけを覚えていない。当然、演じる土屋が佐藤に向ける表情は、“笑顔”とは言いがたいものとなる。時おり笑みを浮かべる瞬間があっても、それは両親や、見舞いにきた友人たちに対するものであって、尚志に向けたものではないのだ。2人に課された2度目の試練である。彼女はかつての記憶を取り戻そうと、ひとり車いすを走らせ、彼もまた、自分のことも結婚の約束も覚えていないという彼女のそばで、必死に耐えて待ち続ける。

 やがて、身を捧げる尚志の愛のあたたかさに触れた麻衣は、失くしてしまった〈あの時〉にすがろうとするのではなく、いま〈この時〉から一歩を踏み出すことを決意する。彼女の踏み出した一歩によって展開されるフラッシュバックのなかで、あの出会いの場面に見せた“笑顔”がいまいちど輝く。

 尚志の献身的な愛は、“笑わない土屋太鳳”の笑顔を取り戻した、あるいは笑顔を引き出したとも言える。ついに2人が結ばれる映画の終わりで、ウエディングドレス姿の土屋は最大の“笑顔”を見せる。静かに微笑みかける佐藤に対して、画面の隅から隅までが活気づくような土屋の“笑顔”は、この“奇跡の実話”の映画化の締めくくりに相応しい、生の輝きに満ちている。彼女の笑顔の力強さによって、この愛の物語はさらなる輝きを得たのだ。

(折田侑駿)