ローソン、日本郵便と無人配送実証を実施

写真拡大

 ローソンは日本郵便と連携し、陸上を自律走行する配送用ロボットによる、無人配送の実証実験を福島県南相馬市で21日に実施する。

 スポーツセンターのグラウンドにローソン店舗と郵便局の仮想拠点を設け、配送ロボットが仮想の配達先2カ所に郵便物とローソンの商品を届ける。

 ローソンは今回の実証実験を通じ、客が注文したローソンの商品を郵便物と一緒に配送ロボットで運ぶ仕組みの構築を検討している。

 日本郵便が配送ロボットを使った実験をするのは初めて。南相馬市はロボット産業の振興に取り組んでおり、同市ではローソンと楽天が共同で飛行ロボット(ドローン)と専用車両による移動販売を組み合わせた商品配送を10月末から試験的に始めた。