いち早くAIスピーカーを投入し、この市場で圧倒的な首位の座を維持している米アマゾン・ドットコム。だが、同社はその地位に安住することなく、ライバルの追随をはね除けようと、さらなる攻勢を掛けている。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

自ら価格競争を仕掛けるアマゾン

 同社は、この年末商戦に、AIスピーカーシリーズ「Echo」を大幅値下げして販売した。例えば、標準モデルのEchoは、99.99ドルから79.99ドルに、小型モデルの「Echo Dot」は、49.99ドルから29.99ドルに、そして、大型モデルの「Echo Plus」は、149.99ドルから119.99ドルに、といった具合だ(アマゾン・ドットコムのウェブサイト)。

 同社がEchoの初代モデルを米国の一部の顧客に発売したのは、2014年11月。その翌年、Echoの一般向け販売が始まったが、それ以降、同社は度重なる値下げを実施。今では標準モデルの価格が、当初の半値以下になった。

 米ウォールストリート・ジャーナルによると、こうしてアマゾンは、先行する立場でありながら、自ら価格競争を仕掛け、ライバルのビジネスを難しいものにしている。

アマゾン、累計2000万台を販売し、シェア75%

 同紙が引用した、米国の市場調査会社CIRP(コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ)の統計によると、今年(2017年)9月時点で、アマゾンは、累計2000万台のEchoを販売した。これに対し、アマゾンから2年遅れて市場参入した米グーグルの「Google Home」は700万台。アマゾンはこの市場で75%のシェアを持つ圧倒的首位。しかし、それでも、ライバルをさらに引き離そうと、さまざまな施策を講じている。

 その1つは、製品ラインアップの拡充だ。現在、アマゾンのEchoシリーズには、日本でも販売が始まった上記の3モデルに加え、丸形2.5インチディスプレーを備える「Echo Spot」、7インチディスプレーを備え、ビデオ通話も可能な「Echo Show」、内蔵カメラで利用者の全身を撮影できるファッション用途の「Echo Look」がある。

(参考・関連記事)「ついに日本上陸、アマゾンのAIスピーカー『Echo』」

 そしてもう1つは、前述した値下げ戦略だ。これによりアマゾンはAIスピーカー、あるいはスマートスピーカーと呼ばれる、この新たな家電製品の低価格競争を先導している。一方、ライバルのグーグルも、期間限定ではあるもののGoogle Homeを40%近く値下げして、79ドルで販売しているほか、Echo Dot対抗の「Google Home Mini」を市場投入した。

(参考・関連記事)「ついに日本上陸、アマゾンとグーグルのAIスピーカー」

 アマゾンとグーグルのこうした動きにより、AIスピーカーの平均販売価格は65〜75ドルと、わずか1年で半値に下がった。この市場では、米アップルが来年初頭に、349ドルのAIスピーカー「HomePod」を発売する予定だが、アマゾンの戦略は、こうした高級モデルのビジネスを難しいものにしていると、ウォールストリート・ジャーナルの記事は指摘している。

(参考・関連記事)「アップル、AIスピーカーの市場でさらに遅れを取る」

アマゾンとグーグルを合わせたシェアは92%

 また、米国の市場調査会社、ストラテジーアナリティクスも同様の指摘をしている。

 同社によると、この市場には、韓国サムスン電子が買収した米自動車部品大手ハーマン・インターナショナル・インダストリーズ傘下のオーディオ機器ブランド、ハーマン・カードンや、ソニー、米ソノスも新規参入し、今後競争がますます激化すると予想される。しかし、それでも、攻撃的な低価格戦略のもと市場投入されたEcho DotやGoogle Home Miniによって、アマゾンとグーグルの地位は当面、揺るぎないだろうと、ストラテジーアナリティクスのアナリストは述べている。

 同社によると、今年7〜9月期におけるアマゾンの出荷台数は500万台で、その世界市場シェアは66.9%。これに対し、グーグルは190万台を出荷し、シェアは25.3%。アマゾンとグーグルを合わせた、世界AIスピーカー市場におけるシェアは、92%に上っている。

筆者:小久保 重信