小山昇(こやま・のぼる)  株式会社武蔵野代表取締役社長。「大卒は2人だけ、それなりの人材しか集まらなかった落ちこぼれ集団」を15年連続増収の優良企業に育てる。「数字は人格」をモットーに、700社以上を指導。5社に1社が過去最高益、倒産企業ゼロとなっているほか、年間240回以上の講演・セミナーを開催。日本で初めて「日本経営品質賞」を2回受賞。『朝30分の掃除から儲かる会社に変わる』、『強い会社の教科書』、『【決定版】朝一番の掃除で、あなたの会社が儲かる!』、『1日36万円のかばん持ち』、『残業ゼロがすべてを解決する』などベスト&ロングセラー多数。

JR新宿ミライナタワー改札から15秒!夏は神宮外苑の花火大会、冬は日本一高い富士山の雪化粧が見られる10階の一等地。ここに15年連続増収の株式会社武蔵野がセミナールームを開いたのは2017年2月。あれから1年弱……。社長の小山昇氏を直撃すると、「新卒説明会にも前年比2.36倍の1020名がきて、どんどん採用できる。しかも辞めない」という。JR新宿ミライナタワーの家賃は「月500万円」。これだけで年間6000万円にもなる計算だ。
小山氏が社長に就任した1989年の売上は7億円だったが、直近は63億円。実に28年で「9倍」にした“経営のカリスマ”は、これだけの大金をなぜ1ヵ所に投資したのか?
全国700社以上を指導し、倒産企業ゼロ、5社に1社が過去最高益、自社も15年連続増収、日本初の「日本経営品質賞」2度受賞の小山氏が、創業以来最も大切にするのが「数字は人格」という経営哲学だ。
12月16日に「日経新聞」に大きく掲載された『数字は人格――できる人はどんな数字を見て、どこまで数字で判断しているか』に関して、「書いてはマズイ全51社のエピソードと、9割の社長が勘違いしている“人を育てる数字・ダメにする数字”を書き尽くしてしまった。“数字は人格”という言葉には魔力がひそんでいる」と小山氏。
企業の不正発覚が相次ぐ中、なぜいま「数字は人格」なのか?
全国を飛び回っている分刻みの小山氏をついにつかまえた!(構成:寺田庸二)。

なぜ、「率」は不要なの?

 経営を支えるのは、「率」ではなく「額」です。

 ところが、税理士や会計士の多くは、ココでも「率」を強調します。

 彼らが企業を評価するときに使う指標を見てください。

「総資本利益率(ROA)」
「自己資本利益率(ROE)」
「自己資本比率」
「売上高営業利益率」
「総資本回転率」

 みんな「率」です!
 はっきり言って、これらの指標を理解したところで何の役にも立ちません。

 たとえば、「総資本利益率(ROA)」は全業種平均が3%程度(製造業4%、非製造業2.6%程度)で、それ以上だと優良企業といわれますが、それは固定資産をたくさん持っている大企業の話。

 身軽な中小企業が2〜3%程度なら、決していい水準ではありません。

 このように企業規模で指標の見方が変わってしまい、じつに使いづらい。
 社長が使う指標としては観念的すぎて、経営の道具として役立たない。

 経営数字は足し算と引き算ができれば十分です。
 率は割り算ですから、必要ない。

 数字に苦手意識がある人は率を捨てていいし、数字を率で見るクセがついてしまった人は、基本の「+」「−」に立ち返るべきです。

 具体的な数字の見方や数字で社員を育てる方法は、本書にあります。

 700社以上を診てくると、残念ながら、100人中99人が陥る「アリ地獄」があります。これは面白いほど共通しています。
 ぜひ、第1回連載にある、ひとつでも当てはまったら危ない!【あなたの「会社の危険度」10のチェックリスト】をチェックしながら、『数字は人格』を体細胞に植えつけていただけたらと思います。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)