普通の靴下よりも5本指のほうが暖かいという方がいらっしゃいますが……(出典:Photo AC)

写真拡大

5本指ソックスというと体によさそうな感じがするためなのか、暖かいと信じている人も多いようです。はたして、それは本当に温かいのでしょうか、アウトドア流防災ガイド・あんどうりす氏が冬山用の事例を交えて解説します。

 5本指ソックスというと体によさそうな感じがするからか、なぜか5本指ソックスが暖かいと信じている人も多いです。もしかしたら、読者の中にも熱心な信者の方がいらっしゃるのかもしれません。でも、実は5本指ソックスは寒いのです。

 なぜかというと、こういうことです。暖かくなるためには、熱源から伝導、対流、放射のいずれかの方法で熱を受け取る必要があります。指の場合の熱源はどこになるかといえば隣の指です。隣の指の体温を伝導によって直接伝えてもらえれば暖かくなります。

 5本指ソックスをはくことは、それぞれの指に衣類を着せるのだから、一見、暖かそうに見えます。しかし、実は熱源である隣の指の熱を遮ってしまっているのです。指の間はそれぞれの指分である計2枚の布で隔離されることになり、熱源から生地2枚分遮られているから寒くなるものなのです。

 で、熱源から離れるとどうして寒いかというと簡単にできる実験があります。まず、シャツなどを着ている肩の上に手をおいてください。その温度と、シャツの中に手をいれて肌を直接さわる温度はどちらが暖かいですか?

 直接肌に触れるほうが暖かいですよね。手が冷たくなっている時などのほうがわかりやすいので、実感できなかった人は手が冷たい時に試してみてください。1枚遮られるだけで、暖かくなくなるのです。

 足指も同じです。隣の指の熱源を直接伝導で受け取るほうが暖かいのです。ただ、足指は血管が細いので、冷えても体感としてわかりにくいのです。だから、5本指ソックスをはいたほうが寒くなっている事にさえ気付かないのかもしれません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)