エンターテイメント集団・BOYS AND MENの新曲「進化理論」が、2018年1月6日にスタートするキッズ向け新アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系、毎週土曜7:00〜)のオープニングテーマに決定した。

本作は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社が原案の「実在する新幹線がロボットに変形する」キャラクターコンテンツ。新幹線から変形したロボット“シンカリオン”たちが、日本の平和と安全を守るため、運転士となった子どもたちと共に正体不明の巨大な敵に立ち向かう姿が描かれる。

4作連続オリコンデイリーシングルランキング1位に輝き、12月20日にはニューアルバム「友ありて・・」を発売したBOYS AND MEN。「進化理論」は、「シンカリオン」のために書き下ろされた1曲で、疾走感のあるアッパーチューン。特に、イントロ部分は口ずさみたくなるようなメロディーで、大人も子どもも一緒に盛り上がることができる仕上がりになっている。

今回の決定について、彼らは「主題歌に決まったという報告を、ちょうど10人で聞くことができました。10人揃ってこういう報告を聞くことがあまりないので、みんなで“ウォー!”と喜びました! 今まで新幹線にたくさん乗ってきて良かったです!」と大喜び。新幹線での移動中に「シンカリオン」のポスターを目にしていたという勇翔は「めちゃくちゃテンション上がりました!」と大興奮。小さい頃の夢が新幹線の運転手だったという平松賢人も「関われて嬉しい!」と喜びを語っている。

シンカリオンをテーマにした同曲については、「僕らの歌い方はキレがあるので、アニメのオープニングにぴったりと思っていただけるように歌いました」とレコーディングを振り返る彼ら。特に辻本達規は「疾走感を出そうと思って歌ったら、逆に早くなりすぎて録り直ししました!」と、熱意溢れるエピソードも明かした。

最後に、「アニメの世界観にぴったりになるように、思いをこめて制作させていただきました。ここからは僕たちも視聴者として、このアニメを皆さんと一緒に楽しんでいきたいと思っています!」とメッセージを寄せている。