北京市房山区の閻村北駅から同区の燕化駅と周口店鎮駅までを結ぶ、北京地下鉄燕房線は、中国初の完全に独自の知的財産権を持つ、全自動無人運転の地下鉄。今月末にも同路線は乗客を乗せた運行をスタートさせる。

「無人運転」地下鉄がどのようにその運転や乗車の安全を確保するのかという点について関心を抱く人は多い。

北京地下鉄燕房線シグナルシステムプロジェクトマネージャーの呂愛国(リュー・アイグオ)氏は、「従来型の列車制御システムをベースに新しいシーンに対応する機能を加えている。例えば車両に搭載された追突防止システムは、運行中に障害物にぶつかった場合、緊急ブレーキを作動させる。また、人がドアに挟まった場合は、ドアは3回自動で開閉を行う。もし、それでもドアが閉まらない場合は、開いたままの状態となり、問題が発生したドアの監視カメラが映像をコントロールセンターへ転送し、そこから駅員に緊急対応の指示が下される。

また、車内で火災が生じた場合は、通報の情報が内部システムによりコントロールセンターに伝達。その後、コントロールセンターから次の駅に到着後、ドアを閉めないようコマンドが送られ、同時に乗客に緊急避難に関する音声アナウンスが流される。車内には消火器が常備されており、乗客は緊急用レシーバーでコントロールセンターと通話することができ、コントロールセンターは乗客に対し、緊急避難や消火に対する指示を与えることができる。(提供/人民網日本語版・編集/TK)