紅蘭がまたもぶっ飛び発言を!/(C)AbemaTV

写真拡大

12月15日に放送された「必殺!バカリズム地獄」(AbemaSPECIAL)にて、草刈正雄の娘でダンサーの紅蘭が、独特な男性のタイプを明かす場面があった。

【写真を見る】女性も憧れる圧倒的プロポーションを誇る紅蘭/※画像は紅蘭(kurankusakari)公式Instagramのスクリーンショットです

同放送回には、ゲストにフリーライターの朝井麻由美氏、タレントのエヴァンス未希、紅蘭、グラビアアイドル・わちみなみが登場。

オープニングトークで、バカリズムはエヴァンスについて「父も母も日本人なのにハーフタレントとして売り出している」と紹介しつつ、エヴァンス未希に「留学されてたんでしたっけ。どれくらい?」と尋ねると、エヴァンスは「1年です」と即答する。

それを聞いたバカリズムは「短いんですよ。だからこう(ハーフタレントに)なるはずないんだけどハーフタレントブームとかもあってね、いつの間にか…」とハーフタレントとして活動していることにチクリと刺した。

そして、街ゆく人の映像で「相手に好きな人がいると聞いただけですぐ諦めてしまう」という“鬼ギレエピソード”が流れると、バカリズムはゲストに「相手に好きな人がいてもアプローチするか?」を聞いた。

それに対し、紅蘭は「一目ぼれが多いので、あんまり気にしないでアピールしますね」と返した。それを受けてバカリズムは「こういう人がいいという共通点はあるんですか?」と問うと、紅蘭は少しためらいながら「ジャンプ力ですね。究極言ったらマサイ族ですね」と告白する。

続けて「全体的には生命力なんです。私自身にも生命力はあるとは思っているんですけど、私に欠けているのはジャンプ力と視力なので」と謎の答えを堂々としていた。

バカリズムは笑いながらも「どうやって見分けるんですか?」と紅蘭に尋ねると、「今何かが起こっても生身のままですぐ逃げることができたり、私のことを助けられたりする姿勢を常に保っている人。服装とかでもチェーンとか付いていると、どこか逃げる時に引っ掛かったりするじゃないですか」と独特な考えを明かした。

それを受け、バカリズムは「僕は寺門ジモンさんしか浮かばないですね」と答え、スタジオは笑いで包まれた。(ザテレビジョン)