創刊92年目に突入した「アサヒカメラ2018年1月号」(2017年12月20日発売・朝日新聞出版)は、毎年恒例の篠山紀信氏の撮り下ろし新作グラビアからスタート。モデルは、玉城ティナ、今野杏南、北条麻妃、平塚千瑛、水野沙羽、明里つむぎ、東凛、橋本ありな、全32ページの大迫力の特集となる。巻頭特集は昨年大好評だった<写真とカメラをめぐるニッポンの論点>が更にパワーアップして登場する。

グラビアは毎年恒例、篠山紀信氏による32ページの撮り下ろし新作。今回のテーマは「処女(イノセンス)の館」。篠山氏は今回の作品のイメージを以下のように綴っている。

<これは、2泊3日、この館に滞在したぼくの体験記録だ。人間のようにも、ドールのようにも、マネキンのようにも見えるその女たちはみな飛びきり美しく、無言で緩慢な動きと、時に時空を飛翔するような敏捷な仕草でぼくを驚かせた。>生身の美女たちと精巧なドールたちが夢と現(うつつ)の境界を行き来するという様は、まさにAI(人工知能)時代の到来を予感させる意欲作になっている。そしてこのグラビアと表紙には人気モデルの玉城ティナが登場。その魅力を遺憾なく発揮している。

巻頭特集は昨年も好評だった<写真とカメラをめぐるニッポンの論点>(全35ページ)。「インスタ映え」ってなんだ?、最近の風景写真がつまらない!ダメにした戦犯は誰だ?、“月例コンテスト8冠王”が語る「評価される写真の作り方」、よくわからん!「現代写真」のどこが素晴らしいのか?、本誌だから書ける「よい写真クラブ、悪い写真クラブ」 、「その撮影ツアー、違法です!」見分けるポイントは?、あなたの著作権が奪われる!こんな募集要項には要注意、赤城耕一「まだ重いカメラで頑張っているの?」、といった11の気になるテーマについて掘り下げている。

そして今回は新春号にふさわしく、「かゆい所に手が届く」強烈な企画を用意。多くのカメラユーザーが何気なく買っている「レンズ保護フィルター」。この31銘柄を本誌が独自に実写と測定し、選び方と使い方を徹底検証している。今回測定したのは‘過率¬明催扠H深洋─E按貅村未砲茲覘ゲ鯀テストゥ侫譽◆織粥璽好箸離謄好箸蘯損棔自分のレンズの性能を最も引き出す1枚はどれか?みなさんの目でチェックしてみてほしい。

アサヒカメラ 2018年1月号
定価:900円(税込)
表紙:篠山紀信(撮影)/玉城ティナ(モデル)
発売日:2017年12月20日