画像提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンマーケティングジャパンは12月3日、東京・品川のキヤノンSタワーにおいて、写真家オーディション「SHINES (シャインズ)」の最終選考会を一般公開した。

○自分の写真集を代官山 蔦屋書店で

SHINESは、次世代を担う新たな才能の発見を目的とした写真家のオーディションで、今回が初めての開催となる。年齢やプロ・アマチュアを問わず応募が可能。入選者には、写真集を制作し、代官山 蔦屋書店で展示・販売できる権利が与えられる。今回の応募者数は約650名で、二次選考通過者が約150名、その中からさらに絞られた22名が今回の最終選考会にてプレゼンテーションを行った。

当日はファイナリストの22名が、8名の選考委員の前でプレゼンテーションを行い、自身の作品を懸命にアピールした。選考基準には写真のクオリティだけでなく、独自の視点やコミュニケーション能力、行動力、情熱、将来性などが含まれ、その人の作家としての総合力が評価される。

8名の選考委員はアートやデザイン、映像、出版、流通業界などで活躍する、多彩な顔ぶれが集まった。クオリティの高い作品が集まったことで審査は難航したが、入選者は以下の通りに決定。各審査員が入選者を1名ずつ指名し、合計で8名が表彰された。