優勝に輝くイースタン選抜

写真拡大 (全2枚)

(台北 19日 中央社)野球のアジアウインターリーグは17日、中部・台中でプレーオフ最終日が行われ、決勝では日本のイースタン選抜が韓国プロ選抜を4−1で破り、優勝を飾った。同大会は今年で5回目を迎えたが、日本勢のリーグ制覇は2年連続3度目だった。同日は3位決定戦も行われ、台湾プロ選抜が日本の社会人選抜に3−4で惜敗し、4位に終わった。

イースタン選抜は3回に佐野恵太(DeNA)の安打などで2点を先制。続く4回にさらに2点を追加した。投げては先発の京山将弥(同)が5回途中1失点。2番手以降は無失点に抑え、韓国プロの反撃を許さなかった。佐野はこの日、5打数4安打の活躍を見せ、MVPに選ばれた。

台湾プロは3回に1点を挙げ、先手を打ったが、4回に社会人選抜が1点を返し、試合を振り出しに戻した。台湾プロが5回に2点を取って勝ち越すも、6回には先発投手の洪心騏(統一)が死球を与え、その後も安打を浴びて1点を失った。台湾プロは6回以降、投手交代を繰り返したが、社会人選抜の打者を抑えられず、7回に2点を奪われて逆転を許した。

台湾プロの林振賢監督は、1点差で社会人選抜に敗れたことについて、「あとちょっとだった。基礎スキルに差があった」と振り返った。1試合が勝負を決める短期決戦でこそ、普段から基礎をいかに鍛えているかが勝敗を分けると語った。

プレーオフでは4位に終わった台湾プロだが、レギュラーシーズンでは前年の最下位から2位に躍進。プレーオフの2試合を含め11勝7敗1分けで歴代最高の成績を残した。

(黄巧ブン/編集:楊千慧)