バチカン市国にある15世紀の建物で壁の塗り替え 塗料に使ったのは牛乳

ざっくり言うと

  • バチカン市国にある15世紀の建物で、壁の塗り替え作業が進められている
  • 塗料として使われているのは、フランシスコ法王が所有する牛から搾った牛乳
  • 地元建築家によると牛乳配合の塗料の方が長持ちするという考えからだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング