日本を訪問している韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が韓国文化院(東京都新宿区)で20日に開幕する「韓日交流写真展」の会場を訪れた。来年の平昌冬季五輪・パラリンピックの成功を祈願し、韓国の国家基幹通信社・聯合ニュースと大韓民国歴史博物館、韓国文化院が共催した。来年2月10日まで開かれる。聯合ニュースと日本の共同通信のスポーツ、歴史、文化、自然に関する写真約70点が公開される=19日、東京(聯合ニュース)
(END)
【東京聯合ニュース】日本を訪問している韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は19日、安倍晋三首相を表敬するため首相官邸を訪れた。

 康長官は面談の冒頭、国連安全保障理事会を中心に国際社会が団結して北朝鮮に対し制裁と圧力を加えることが重要だとした上で、「北の問題において韓米日3カ国間の緊密な関係、韓日間の緊密な協議が重要だ」との認識を示した。

 また、「今年は両国関係が厳しい中でスタートしたが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領就任後、安倍首相と頻繁な意思疎通を行い、肯定的な方向が設定された」と述べた。

 康長官は、来年2月の平昌冬季五輪に合わせた安倍首相の訪韓を要請するとの文大統領のメッセージも伝えた。

 安倍首相は、韓国が日本にとって戦略的な利益を共有する最も重要な隣国であり、両国間のさまざまな課題をうまく管理しながら未来志向的な関係を構築していこうと述べた。

 北朝鮮問題に関連しては、文大統領と数回にわたり電話会談を行ったことに触れながら、北朝鮮が核・ミサイル関連の政策を変えるよう国際社会と共に圧力を加える必要性を強調した。