北朝鮮、中国そして韓国。E−1選手権で対戦した東アジアの3チームと日本との相違点はないか。ザックリと言えば、日本が勝るのはボール操作術であり、劣るのは体力であり体格だ。その劣る面、弱点をあえて強調したサッカーをハリルホジッチは志向する。デュエルという競り合いを意味するフランス語を頻繁に用い、そうした局面を好んで作り出そうとする。具体的には、ディフェンスラインからいきなり最前線に長いボールを送り込み、そして競らせる。勝負球を早く送る、いわゆるダイレクトプレーを好む監督と言えば、聞こえはいいが、要は単純な縦蹴り。放り込みだ。前時代的な匂いのする荒っぽいボールを、躊躇なく早めに蹴り込もうとする。
 
 競り合いはその度、発生。日本の弱点は次々に発露する。民族が抱える根本的な問題なので、ハリルホジッチが叫んでも問題は一朝一夕には解決しない。日本の弱みは強みにならない。強みが生かされる機会も減る。ハリルホジッチは、従来のチームとはそれとは真反対の、結果的に弱点が露わになるサッカーで、この3チームに挑んだ。
 
 北朝鮮、中国には辛勝したが、韓国には1−4というスコア以上の差で大敗。まさにミスマッチだった。当然のことが起きたまでの話。必然性の高い結果なので、ショックはさほど覚えない。
 
 必要以上に弱点を露わにした実力以上の大敗。原因は分かりやすい。ハリルホジッチの好むサッカーが、日本選手にまるで適合していないことが白日の下に晒された大会。それがE−1選手権のあらましだ。
 
 日本をミスリードしたハリルホジッチの責任は重い。いや重すぎる。日本のスポーツの基本は、柔よく剛を制す、だ。体力で勝る相手を、いかにしていなし、かわすか。これこそを生命線にする。そこに目もくれず、剛に対し剛で臨もうとするハリルホジッチ。日本との相性は絶望的に悪い。少し考えれば分かりそうなものだが、ハリルホジッチはひたすら自分の好みを通そうとする。
 
 本大会で対戦する3か国の中で、体力、体格で明らかに上回るのはポーランド、セネガルだ。剛の彼らに対し、ハリル式で臨めば、必要以上に打たれることは見えている。残るコロンビアに対して、日本の剛が通じる保証はどこにもない。日本の剛は、世界的に見れば剛ではない。武器にはならない。
 
 ハリルホジッチに限界を感じた点は、これだけでは終わらない。韓国に1−4で大敗すると、ハリルホジッチは試合後の会見で、韓国を最大限絶賛した。韓国は日本より格上だと位置づけたが、それは韓国サイドへ向けて発信したというより、日本サイドへ向けた言葉に聞こえた。早い話が、言い訳なのだけれど、格上に対してどう臨むかが、W杯に臨むハリルジャパンに課せられた最大のテーマではないのか。「韓国の強さは試合前から分かっていた」とハリルホジッチは述べたが、ならばどうするか。対抗策を練り、実践するのが、日本代表監督の仕事だ。弱者の視点に立てない監督は、日本代表に適しているとは言えない。
 
 従来と変わらぬハリル式で臨み、そして大敗した。試合中のメンバー交代にも、無策ぶりは現れていた。伊東純也と川又堅碁のメンバー交代を機に布陣を4−3−3から4−4−2に変更した程度だ。これと言った手を打たず、手をこまねいたまま、大敗を傍観していた。そんな感じだ。
 
 ブラジル、ベルギーと戦った欧州遠征(11月)も、同様だった。相手は韓国より断然強い、強敵中の強敵だ。弱者の監督が、そこでどんな采配をするか。注目したのは、ハリルホジッチの番狂わせを起こすための術。工夫する力だ。交代枠6人という設定で行われたので、3人枠で行われる通常の試合より、アイディアを発揮する環境は整っていた。