画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ニールセン デジタルは12月19日、2017年の日本におけるPCとスマートフォンにおけるインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。同ランキングは、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」のデータに基づくもの。

PCからの利用者数が最も多かったサービスは「Yahoo! JAPAN」(3377万人)で、利用者数は横ばいとなっていたという。2位以下のサービスの利用者数の減少率も1ケタ台と縮小し、増加したサービスも複数存在した。

2017年におけるPCからの利用者数トップ10のサービスを見ると、2016年のトップ10のうち9つがランクインしており、今年も大きなランキングの変化は見られなかったとしている。

一方、スマートフォンの利用者数トップ10のサービスでは、9つのサービスで利用者数が引き続き増加した。

第1位は「Google」、第2位は「Yahoo! JAPAN」となり、「Google」は今年に入り利用者が6000万人を超えたとのこと。第1位から第8位までは、順位も昨年と同様となり、固定化の傾向が見えたとしている。

最も増加率が高かったのは第9位の「Hatena」で31%の増加となり、昨年のトップ10圏外からのランクインとなった。

最も利用者数の多かったアプリは5年連続「LINE」で、利用者数は2016年から14%増加し、4968万人だった。「LINE」と2位「Google Maps」との利用者数の差は1600万人となり、去年同様に2位以下を引き離す形となったという。増加率が高かったのは「Yahoo! JAPAN」アプリの31%となっている。