画像提供:マイナビニュース

写真拡大

TISは12月19日、 独自開発のAI技術を活用した業務チャットボット作成サービス「DialogPlay(ダイアログ・プレイ)」の正式版を提供開始すると発表した。

「DialogPlay」は、 コールセンターやBPO(Business Process Outsourcing)のオペレーター業務、セールス/アフターサービスの問合せや情報提供などの業務に活用できるチャットボットを作成・運用できる法人向けのSaaS型プラットフォーム。

同社では、2017年5月からベータ版を提供開始し、延べ250社を超える法人企業で試行利用。そこで得たフィードバックにより、 機能追加と料金設定を行い、 今回正式版サービス開始となった。

正式版では、 ベータの機能に加え、 チャットボットの再学習機能やセキュリティ面の管理機能(接続IP制限)を追加した。

料金は、用途に応じた「LITEプラン」「STANDARDプラン」「ADVANCEプラン」の3段階の有料プランと、 試行できる無料の「TRIALプラン」がある。LITEプランが10000メッセージまでで月額5万円、STANDARDプランが50000メッセージまでで月額8万円、ADVANCEプランが100000メッセージまでで月額15万円(価格はいずれも税別)。