18日、韓国の大学病院で新生児4人が相次いで死亡し「感染病」の可能性が疑われている中、韓国メディアは病院内の新生児集中治療室の驚きの衛生管理状態について報じた。資料写真。

写真拡大

2017年12月18日、韓国の大学病院で新生児4人が相次いで死亡し「感染病」の可能性が疑われている中、韓国・JTBCは病院内の新生児集中治療室の驚きの衛生管理状態について報じた。

新生児死亡事故が発生した梨花女子大附属木洞病院の新生児集中治療室に130日間子どもを預けていた母親のイさんは、今年10月にインキュベーターの横でゴキブリを発見したと話す。当時、看護師は素手にトイレットペーパーを2〜3回巻いて捕まえ、「(駆除)業者を呼ばなければ」と話していたという。なお、イさんの子どもは先月1日に壊死性腸炎により集中治療室でこの世を去っている。

別の母親の話によると、保護者が新生児集中治療室に入る際も特別な措置はなかったそうだ。服の上からビニールエプロンを着て靴はそのまま、さらに携帯電話の使用についても制限がなく、母親らが自主的にアルコール消毒をしていたという。

今回死亡した新生児と同じ空間にいた別の新生児の保護者らも、病院の衛生管理に対し不安を口にしている。ある親は「他の子どものハンカチを渡されたことがある」と主張、またある親は「籠のようなところにおしゃぶりが置いてあり、それを(消毒することなく)そのまま口に入れた」と話している。

JTBCでは、新生児集中治療室の衛生がどんな規定によりどのように管理されたのか徹底した調査が必要と伝えている。

これを受け、ネットユーザーからは病院側に対し「(衛生管理が)めちゃくちゃな状態だったのか」「これは医療事故というより殺人」「この報道が事実だとしたら、事故は起こるべくして起きた。病院を運営するやつらが基本的な常識すら持っていなかったということ」「もし自分の子どもがそこに入っていたとしたら、医師も看護師も病院の管理者もこんな風にはしないだろう」など非難の意見が続々と寄せられ、「責任をしっかりとるべき」「1950〜60年代でもあるまいし、これは完全に医療過失。病院を売って遺族に1人100億ウォン(約10億円)ずつ支払って」など対応を求める声もかなりの数に及んでいる。

また、自身の子どもも90日間そこで入院していたというユーザーにから「おしゃぶりが口にテープで貼りつけられていた。いくら低体重児で力がないからってこれはひどい。母親として涙が出てきたけど、子どもが何かされるかと思ったら何も言えなかった」と新たな事実も明らかにされた。

中には「これだから、個人のプライバシーをどうこう言う前に、公共の利益が優先される空間では防犯カメラを必ず設置すべき。保育園や幼稚園、救急室、新生児集中治療室など…」との対策を提案するユーザーもみられた。(翻訳・編集/松村)