元SMAPの稲垣吾郎が19日、都内でおこなわれた『サマリーポケット“くらしスッキリおサめ隊 隊長”就任発表会』に出席した。稲垣は、スマホやPCで管理できる収納サービスの情報発信隊長に任命され「恥ずかしいです。そういうキャラクターでもないので(笑)」と照れた様子を見せながら「キャラにない事を頑張ってやっていきたいと思います。まさに“新しい地図です”」と決意を新たにした。

 サマリーポケットは月額250円から手軽に実現できるお手軽収納サービス。預けたい物を箱詰めして送ると、物の取りだしや預け入れはPCやスマホで管理できる。それを、そのままオークションサイトに出したり、クリーニングに出したりと、年末の大掃除シーズンにも役立ちそうなコンテンツとなっている。

 イベントが始まると、さっそく稲垣が登場。「こんなに大勢の人がいるとは思わなかった」と驚き、サマリーの山本憲資社長とともにトークセッションをおこなった。

 山本社長は、稲垣の“くらしスッキリおサめ隊 隊長”抜擢について「立ち上げたばかりのまだまだ小さい会社ですが、稲垣さんの新たなチャレンジする姿に共感を覚えた」と理由を説明。これに対し、稲垣は「素直に嬉しかったです」としてから「CDやDVD、服など物が年々増えていってしまう。気分も新たにスッキリさせて、生活を送りたいと思っていたので良いタイミングでした」と語る。

 稲垣は隊長就任について「恥ずかしいですけどね。そういうキャラクターでもないので(笑)」と照れた様子だった。また「普段黄色い声を浴びる事が多いので、もうちょっと盛り上げて頂けると…」とユーモアも交えて、場の雰囲気を温める気遣いも見せる。

報道陣からの声援を煽る稲垣吾郎

 続いておこなわれた、就任セレモニーで山本社長からたすきがかけられると、稲垣は「隊長として情報を発信していきたいと思います」と意気込んだ。また自分から「CMで一般の方や芸能人の方のお宅に訪問して、片付けにいくというのはどうですか?」と提案する積極性も見せ、「キャラにない事を頑張ってやっていきたいと思います。まさに“新しい地図です”」と決意を新たにする。

 その後、稲垣が実際にサービスを体験した映像が上映された。終了後「空間に余裕ができると、心にも余裕ができる。精神的にも良いのではないですか」と改めて語った。さらに、稲垣は1分間で物を箱詰めするデモンストレーションにも挑戦。「皆さん盛り上げて頂けますか?」と報道陣に呼びかけてから、楽しそうに服などを箱に収める。会場からの声援が嬉しそうだった。

 最後に稲垣は、山本社長とともに“サマリーポケットポーズ”を披露。1度目は照れが入り、NG。「声援が聴こえてこないんですよね」と煽り、声援を得てから2度目を無事に成功させイベントを締めた。【取材・撮影=小池直也】