小田和正、映画『坂道のアポロン』に主題歌「坂道を上って」書き下ろし

写真拡大

 小田和正の新曲「坂道を上って」が、2018年3月10日に全国公開の映画『坂道のアポロン』の主題歌に決定した。

 『坂道のアポロン』は人気漫画家・小玉ユキが『月刊 flowers』(小学館)にて連載していた同名コミックを映画化したもの。知念侑李が単独初主演を務め、中川大志と小松菜奈が共演している。なお、監督は『ホットロード』 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を手がけた三木孝浩が担当する。(リアルサウンド編集部)

■プロデューサー(C&I エンタテインメント 八尾香澄)コメント

小田和正さんの紡ぐ、優しさや温かさ、 心に深く刺さるストレートなメッセージがこの映画に必要だと感じ 、オファーしました。企画段階で、 原作者の小玉ユキさんから連載中に聴いていたのが小田さんやオフ コースの曲であった、というお話も聞いており、 オファーするのはまさに運命だと感じておりました。この映画に込めた”青春の喜び”と、10年、20年、50 年と残る一本にしたいという想いを伝え、快諾いただきました。曲が完成し、初めて聴いたとき、 メロディの美しさと歌詞の世界がまさに「坂道のアポロン」 そのもので、驚き、感動し、思わず涙してしまいました。是非映画館でエンドロールの最後まで楽しんでいただきたいです。

■小田和正コメント

ボクの高校も海を見下ろす高台にあったので、 やはり坂道を上って通っていました。中学高校と6年間。で、この曲を書きながらその頃のあれこれを思い出すことになりました 。参考までにと見せてもらった「坂道のアポロン」は素晴らしく、 特に演奏の場面はスタッフの音楽に拘る気持ちが伝わって驚くほどの仕上がりでした。自分の書く曲が映画制作に携わった人たち、 見る人たちの想いに少しでもそうことが出来れば嬉しいです。