Twitter

Twitterは18日、ヘイト行為や攻撃的な行為を減らすことを目的に改定した新たなTwitterルールをスタートすると発表した。

まず「暴力や身体的危害に関するポリシーの拡大」では、暴力を使用または推奨するグループに関係するアカウントを禁止する。また、暴力や暴力行為を賛美するコンテンツも禁止とする。対象となるツイートは削除を要請し、ユーザーが応じない場合、アカウントを永久凍結とする。

「関連コンテンツを含めてルールを拡大」では、これまでに禁止してきた、属性を理由とした個人または特定の集団への暴力の助長や直接的な攻撃行為、強迫行為を助長すること、また、他の利用者が発言しにくくなるような嫌がらせ、脅迫、恐怖感を与えることに対するポリシーを拡大する。

具体的にはユーザー名、表示名、プロフィール自己紹介部分を含め、プロフィールの情報によって他の利用者を脅かす行為を禁止する。そして、ヘイト表現をともなう画像も「不適切なメディア」に含まれるようになる。

同社では、表現に対する対応としてTwitter側が判断を間違える可能性もあることを名言。アカウントの停止などに対する異議申し立てプロセスは、近々案内するとしている。

発表資料
URL:https://blog.twitter.com/official/ja_jp/topics/company/2017/1210policy.html
2017/12/19