在外公館長会議の模様=(聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

【ソウル聯合ニュース】各国に駐在する韓国の大使・総領事らが出席する定例の在外公館長会議は2日目の19日、朝鮮半島の平和促進、北朝鮮核問題の平和的解決をテーマに開かれた。

 出席者は、北朝鮮の平昌冬季五輪参加について、参加自体が朝鮮半島の厳しい状況を緩和させ、南北関係の改善に寄与するとの認識を共有した。

 また、平昌五輪の成功に向け国際社会の支持を得るための外交努力を強化していくことでも一致した。

 北朝鮮の核・ミサイル問題については、状況の安定的管理を土台に北朝鮮を対話の場に引き出すための外交努力を続けることが最重要だとの認識を共にした。