画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日商エレクトロニクスは12月18日、企業インフラ統合モニタリング製品を提供するシンガポールのeG Innovations Pteと一次代理店契約を締結し、仮想デスクトップ(VDI)に対応する労務管理支援サービスを販売開始したと発表した。

本サービスは、労務管理に悩みを抱える企業へのソリューションとして、物理PCのログイン/ログアウト時間、VDIのセッション接続/切断時間をはじめ、画面上での操作/非操作時間、接続中のアプリケーション情報など、働き方改革の必要な情報を提供。ポータルサイトを用意し、たとえば、サービス残業の有無、ユーザーごとの働き方、従業員の生産性などを確認できるという。

対象となるPC/VDIにデータ収集エージェントを組み込むことで、各種データの取得が可能となる。Citrix、VMware、MicrosoftいずれのVDIにも対応する。