【詳細】他の写真はこちら

12月4日、東京・六本木のnicofarreで行われた小林幸子の新曲「存在証明」の発売記念ライブイベントにて、110名のインフルエンサーが参加した日本初となる『インスタライブ』が実施された。

これはリアルタイムでフォロワーに動画を配信できるインスタグラムのライブ配信機能を利用し、インフルエンサー110名が合計164万3,926フォロワーへ同時ライブ配信を行うという企画。

110名のインフルエンサーらが小林幸子を360度全方位から取り囲むかたちを採り、それぞれの視点で約160万人を超えるフォロワーに向けて配信した。

この試みは、インフルエンサーがライブを体験する“オーディエンス”であり、撮影する“カメラマン”であり、そしてフォロワーへ配信する“メディア”として存在するという、日本初となる「あらたなコミュニケーション時代の到来」を告知するもの。

360度全方位からの撮影というのは、タレントにとっては大きな不安を伴うものであり、かつそれを約160万人へリアルタイムでリーチすることも覚悟の伴うものだ。ちなみに東京ドームの収容人数は5万5,000人。実に約30倍の観衆を獲得したこととなる。

この企画の実現には、“つねにあたらしいこと”をおそれずに選び取ってきた小林幸子の存在、また生き方があってこそのもので、“インスタ映え”という流行語にもなった表面上をキレイに取り繕ったスキのない姿とは方針を逆にいくもの。ありのままの姿を全方位のカメラにさらし、新曲「存在証明」を生き生きと歌い披露する真の大御所の姿は、リアルな“インスタ映え”そのものである、という提示でもあった。

なお、この企画は、広告コミュニケーションのシーンにおいて変革を進める様々な企業・個人を“インフルエンサー”の起用によってサポートするLIDDELL株式会社によって実施された。



リリース情報



2018.12.06 ON SALE

SINGLE「存在証明」

LIDDELL Inc. コーポレートサイト

https://liddell.tokyo/

小林幸子 OFFICIAL WEBSITE

http://www.sachiko.co.jp/