松山、メジャーV名手とスイングの“ある違い”に米注目「HMは異次元の超人だ」

写真拡大

松山が先に振り上げるのに、タフナーが先にショット…海外ファンは“一時停止”に称賛

 今年、世界ランク2位を記録するなど、一躍、世界のトップクラスに君臨する男子ゴルフ松山英樹(レクサス)。特徴的な一つは独特のスイングだ。PGAツアー公式ツイッターは、メジャーV経験を持つ名手と並んで練習する動画を公開。「これらのスイングは“ある点”で少し違いがある」と特集し、松山について海外ファンから「ヒデキは世界指折りの強打者」「HM(ヒデキ・マツヤマ)は異次元の超人だ」と驚きの声が上がっている。

 PGAツアー公式ツイッターは「これらのスイングは“ある点”で少し違いがある。ヒデキ・マツヤマとジェイソン・タフナーだ」と題し、1本の動画を公開。それは、13年全米プロゴルフ選手権を制したタフナーと練習場で並んでドライバーでスイングしているシーンだ。

 奥に立った松山はアドレスから、タフナーよりわずかに先にクラブを振り上げる。しかし、一瞬先にボールを放ったのは手前に立ったタフナーだった。それもそのはず。松山はトップの位置で“一時停止”するという特徴がある。通常は一連の動作で止まらないというのが主流だが、松山はそこから溜めたパワーを放出するように放っている。

 当然、しっかりとした下半身、体幹がなければショットがぶれるというリスクがあるが、それを構わずにやってしまうのが、松山が世界で注目を浴びる理由の一つでもある。映像を観た海外ファンからも次々と感嘆の声が上がった。

海外ファンから感嘆「一時停止からあれほどの飛距離、理解できない」

「打つ位置を注視するか、スイングに注力するか、という素晴らしい事例だ」

「ヒデキは世界指折りの強打者だ。もし、彼が好調な時は…タフナーは空を眺めることしかできない」

「どのようにしてヒデキは一時停止からあれほどの飛距離を維持できるのか理解ができない」

「HM(ヒデキ・マツヤマ)は異次元の超人だ。偉大なゴルファーはスイングを振り下ろすスピードが約1秒。これは共通している」

 このようにコメントが相次ぎ、メジャーV経験を持つベテランと並べても松山のスイングは際立っていると海外ファンも認識しているようだった。

 今年は全米プロゴルフ選手権でサンデーバックナインを単独首位で迎えるなど、日本男子初のメジャー制覇が目前に迫っていた。世界のファンも一目置く“一時停止スイング”という松山の流儀を貫き、来年こそは悲願のメジャーの頂に上ってみせる。